版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
疫病と日本文学 日比嘉高(編集) - 三弥井書店
..
詳細画像 0

書店員向け情報

9784838233830

疫病と日本文学

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:三弥井書店
四六判
254ページ
定価 2,500円+税
ISBN
978-4-8382-3383-0   COPY
ISBN 13
9784838233830   COPY
ISBN 10h
4-8382-3383-3   COPY
ISBN 10
4838233833   COPY
出版者記号
8382   COPY
Cコード
C0091
一般 単行本 日本文学総記
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年7月15日
書店発売日
登録日
2021年7月13日
最終更新日
2021年7月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

日本文学の描いた疫病とその渦中に生きた人々の姿を、中古から現代に至る千年のスパンで見渡す。

目次

はじめに 疫病と日本文学──千年の表現史を追う(日比嘉高)
■感染症の今をよむ
パンデミック小説の地図を書く(日比嘉高)
コラム 生き延びていくために─金原ひとみ「アンソーシャル ディスタンス」と「腹を空かせた勇者ども」(飯田祐子)
俳句と疫病─コレラとコロナウィルスの句を読む(藤田祐史) 
コラム 疫病と日本語(宮地朝子)
鬼は〝そこ〟にいる、しかし〝それ〟は遍在する─疫病とエクリチュールと(高木 信)
コラム 隠喩としての「戦争」、隠喩としての「埋葬」─閻連科と方方の文学から疫病を考える(尹 芷汐)
■感染症をふりかえる
人喰い鬼と疫病神─「大正」を襲った「流行感冒」(島村 輝)
コラム 伝記にみる医師とコレラ(榊原千鶴)
中世説話の「心」をもつ病─『今昔物語集』を中心に(中根千絵)
コラム 疫病を表象する信仰の文学暼見(近本謙介)
コロナとコロリ─幕末の江戸災厄体験記の奇書『後昔安全録』とその著者について(塩村 耕)
王朝文学における疫病(大井田晴彦)
あとがき

著者プロフィール

日比嘉高  (ヒビヨシタカ)  (編集

名古屋大学教授

上記内容は本書刊行時のものです。