版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
GREAT @ WORK 効率を超える力 モートン・ハンセン(著/文) - 三笠書房
..
単行本

GREAT @ WORK 効率を超える力

発行:三笠書房
四六判
336ページ
定価 1,800円+税
ISBN
9784837957959
Cコード
C0030
一般 単行本 社会科学総記
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年11月27日
最終更新日
2018年11月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

【「働き方改革」への最終解答!】

「仕事の絶対量」をいかに減らす?
「時短」はいいけど、現場が回らない!
生産性を効率的に上げるには?
残業なしで、どう結果を出すのか? …etc.

本書では新時代の「トップ・パフォーマー」に求められる
「7つの習慣」が明らかになる。

人より短い時間でズバ抜けた成果を上げるには、
何をして、何を削ぎ落とせばいいのか?

「とにかく早く帰れ」「残業はするな」「職場をホワイト化しろ」という昨今の
「働き方改革」のかけ声だけでは、業績向上は望めない。
著者が展開する「賢く働く」という主張は、これとは似て非なるものだ。
「することを減らす」のは、あくまでも手段にすぎない。
「生産性の向上」の本丸はどこにあるか――
本書はその問題に明確な指針を与えてくれる。

――楠木 建(「監訳者のことば」より)

目次

監訳者のことば
優れた成果を上げる人は、何をしているのか――“普遍”にして“不変”の問い
楠木建

プロローグ 「“どんな努力”にも必ずリターンがある時代」の終焉

1 「すること」を減らし、そこに徹底する

2 今そこにある仕事を「再設計」する

3 「成長のサイクル」を巧みに回す

4 「情熱(PASSION)×目的(PURPOSE)」を強力なエンジンにする

5 「しなやかな説得力」で勝ち抜く

6 解決を明日に持ち越さない

7 1個のプロジェクトに全力投球する

8 「スマートな働き方」から広がるプラス効果

エピローグ 「トップ・パフォーマー」として走り続けるために

著者プロフィール

モートン・ハンセン  (ハンセン モートン)  (著/文

『ビジョナリー・カンパニー(4)』共著者/カリフォルニア大学バークレー校教授

上記内容は本書刊行時のものです。