版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかの殺人事件 橋本 治(著/文) - ホーム社
..

書店員向け情報 HELP

ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかの殺人事件 (フシギトボクラハナニヲシタラヨイカノサツジンジケン)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:ホーム社
四六判
縦194mm 横134mm 厚さ42mm
重さ 697g
576ページ
定価 2,700円+税
ISBN
978-4-8342-5358-0   COPY
ISBN 13
9784834253580   COPY
ISBN 10h
4-8342-5358-9   COPY
ISBN 10
4834253589   COPY
出版者記号
8342   COPY
Cコード
C0093  
0:一般 0:単行本 93:日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2022年11月11日
最終更新日
2022年12月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-01-14 東京新聞/中日新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

長らく入手困難だった橋本治による幻の傑作が遂に復刊!!

僕、分ったんです。人を探るということは、実は、それと同じ分だけ、自分自身を探るということが必要なんだということに。
これが僕の探偵法、だったのです──
1980年代、東京ーー東大出のイラストレーター・田原高太郎が、鬼頭家で起こった殺人事件の謎を解く、橋本治による青春ミステリーの傑作!

仲俣暁生氏「では、これから私たちは「なにをしたらよい」のか。その答えは、十年の時を隔てたこの二つの「政治小説」のなかにすでに書き込まれている。」(解説 十年の時を隔てた二つの「政治小説」――『人工島戦記』と『ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかの殺人事件』より)
橋本治【はしもとおさむ】
1948年東京都生まれ。東京大学文学部国文学科卒業。77年「桃尻娘」が小説現代新人賞佳作入選。96年『宗教なんかこわくない!』で新潮学芸賞、2002年『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』で小林秀雄賞、05年『蝶のゆくえ』で柴田錬三郎賞、08年『双調 平家物語』で毎日出版文化賞、18年『草薙の剣』で野間文芸賞受賞。2019年1月29日逝去。享年70。

上記内容は本書刊行時のものです。