版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
「プガジャ」の時代  ★70年代のサブカルチャー 森 晴樹(著者) - ブレーンセンター
.
詳細画像 0
新なにわ塾叢書 1

「プガジャ」の時代  ★70年代のサブカルチャー

新書判
420ページ
並製
定価 1,200円+税
ISBN
978-4-8339-0701-9
Cコード
C0274
一般 新書 演劇・映画
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2008年6月
書店発売日
登録日
2010年10月13日
最終更新日
2012年10月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

中嶋らも、いしいひさいち、村上春樹ら超豪華執筆陣がいた伝説の雑誌、「プレイガイドジャーナル」。
その栄光と挫折を歴代編集長が語る!

1970~80年代、大阪に熱くおもろい情報誌があった。
『プレイガイドジャーナル』
若たちは親しみを込めて「プガジャ」と呼び、
それを持って街に出た。
今や伝説となった「プガジャ」をつくっていた人々の、
情熱と涙の人間ドラマ!

目次

【第1章「プガジャ」70年代の情報誌事情<森晴樹>】
■目次
・情報誌の草分けだった「プガジャ」
・タダで映画を見られると思って
・どんな仕事をしていたか
・情報に対する考え方が今とは違っていた
・アクティブだった当時の若者たち
・自主上映も多かった
・「プガジャ」の自主企画
・井筒監督と『ガキ帝国』のころ
・映画にも出た森晴樹編集長
・メッセージ性が必要とされない時代に
・「プガジャ」といしいひさいち
・「プガジャ」の果たした役割
・政治運動との距離
・「プガジャ」を特徴づけたもの

【第2章「プガジャ」変革の時、サイズ変更の事情<村上知彦>】
■目次
・サイズ変更時の編集長
・「プガジャ」との関わり
・編集長としてやろうとしたこと
・B6からB5へ、なぜ変えたのか
・いしいひさいちとの出会い
・サイズ変更による影響と反響
・大物続々登場の誌面
・未来につながる「プガジャ」のおもしろさ
・中島らものことなど
・人と人との<つながり>をつくった「プガジャ」

【第3章「プガジャ」で過ごした日々。80年代の空気<春岡勇二・ガンジー石原>】
■目次
・僕たちが入社した八〇年代前半の「プガジャ」
・B6サイズ最後の号に間に合った
・二十代にしかできない、しかしいちばん楽しい仕事
・ひとつの時代が終る予感
・他の情報誌とは違っていた
・さまざまなものが変わっていった
・吉本興業とトラブった!
・女性が強かった編集部
・音楽シーンにも変化が
・継承されている「プガジャ」スピリット
・劇団員でありつつ編集部員
・雀三郎製アルカリ落語の会
・フォークからアメリカ西海岸へ

【第4章「プガジャ」創刊時から、70年代の空気<山口由美子>】
■目次
・もっともっと会社じゃなかった
・動き始めた渦のど真ん中にいた
・時代のすべてがロックだった
・「プガジャ」のイメージは<未完成>
・続けてても違う「プガジャ」になっただけ

【第5章「プガジャ」最後の苦闘<小堀純>】
■目次
・名古屋の『プレイガイドジャーナル』に入る
・とにかく貧乏だった
・北村想の「寿歌」と『不・思・議・想・時・記』
・名古屋の「プガジャ」から、大阪の「プガジャ」へ
・のんきでルーズだった大阪「プガジャ」
・意識改革、経営改革に取り組む
・編集長になり、中島らもに出会う
・吉本の情報拒否問題で学んだこと
・「プガジャ」で出会ったイラストレーターたち
・「もうあかんねん」と言われて
・「身売りするとはこういうことや」
・「プガジャ」を本当の出版社にしたかった
・性に合っていた大阪
・プロの仕事はできていた

【資料編】
■目次
・「プガジャ」発刊の辞
・「プガジャ」最後の編集後記
・情報誌年表
・プレイガイドジャーナル記事索引・抜粋
・プレイガイドジャーナルの歩み

著者プロフィール

森 晴樹  (モリ ハルキ)  (著者

1949年大阪府出身。「プガジャ」第4代編集長。 70年代後半から80年代初めに、個性あふれる誌面を展開し、当時の学生たちから強く支持される。 阪急ファイブ内オレンジルームで上映会を企画するなど、 関西の自主映画作家を支援した。 現在はフリーライター&編集者、クイズ&パズル制作者。

<BR>村上 知彦  (ムラカミ トモヒコ)  (著者

1951年兵庫県出身。「プガジャ」第5代編集長。 マンガ雑誌『漫金超』などを刊行中の 株式会社チャンネルゼロより出向の形で編集長に。 在任時に、B6サイズで親しまれた 「プガジャ」のB5サイズへの変更を断行。 新たな時代を築いた。 現在はマンガ評論家、大学講師。

<BR>春岡 勇二  (ハルオカ ユウジ)  (著者

1958年島根県出身。 B6サイズ最後の「プガジャ」から編集に参加。 映画を担当し、最後の2年間は副編集長を兼任する。 現在は映画評論家、大学講師。

<BR>ガンジー 石原  (ガンジー イシハラ)  (著者

1959年兵庫県出身。 83年4月号より「プガジャ」編集に携わる。 演芸・寄席欄のほか、マンガ家・川崎ゆきおの連載、 河内家菊水丸のカセットブック企画なども担当した。 編集部在籍中から「ガンジー石原」の名前で 舞台に立つことも。本名は石原基久。 現在はライター、大学講師。自身の事務所FALLの名義で、 イベントの企画制作、レーベル運営も行っている。

<BR>山口 由美子  (ヤマグチ ユミコ)  (著者

大阪府出身。「プガジャ」創立メンバーの一人で、 第3代の、そして唯一の女性編集長。 各方面から高い評価を受けた 70年代後半の「プガジャ」を牽引した。 編集長就任以前には、誌面のアートディレクションから 表紙のイラストまで手がけた経験を持つ。 現在はフリー編集者。

<BR>小堀 純  (コボリ ジュン)  (著者

1953年愛知県出身。 「プガジャ」最後の編集長。 『名古屋プレイガイドジャーナル』から、
請われて経営母体の違う 大阪「プガジャ」の編集長となり、再建に尽力する。 現在はフリー編集者であると同時に、 関西演劇シーンの相談役として活躍。

<BR>鈴木 一誌  (スズキ ヒトシ)  (装丁

本書の装丁家。
1950年、東京都立川市生まれ。東京学芸大学、東京造形大学ともに中退。
グラフィックデザイナー杉浦康平のもとで12年間アシスタントをつとめ、85年、独立。
本文ページのレイアウト・フォーマットをめぐって朝日新聞社とのあいだで争われた「知恵蔵裁判」を93年に提訴し、
99年に高裁で敗訴。81年、映画批評で第1回ダゲレオ出版評論賞。98年、講談社出版文化賞ブックデザイン賞。
デザインのおもな仕事に『昭和――二万日の全記録』、『Japan An Illustrated Encyclopedia――英文日本大事典』、
『クロニック世界全史』、『大辞泉』、『鈴木清順全映画』、『小川紳介 映画を獲る』、
『加藤泰作品集』ほか多数。
著述に「ページネーションのための基本マニュアル」「明解日本語文字組版」(共著、99年、『印刷ガイドブック――DTP実践編』玄光社、所収)、
『知恵蔵裁判全記録』(共著、01年、太田出版)がある。

ブレーンセンターの本では、『子どもの写真はもう撮れない』(妹尾豊孝、07年)、『群集のまち』(太田順一、07年)
『新なにわ塾叢書1巻 プガジャの時代』(08年)、『新なにわ塾叢書2巻 大阪の近代建築と企業文化』(09年)、『新なにわ塾叢書3巻 水都大阪盛衰記』(09年)
『後藤正治ノンフィクション集』(後藤正治、09年~)、『父の日記』(太田順一、10年)など多数。

追記



「プガジャ」最後の編集長・小堀純氏の発言より

 よく言うのは<関係性>ということですよね。最後の編集後記をみんなで書いたときに、

私は「プガジャ」というのは「誰かと誰かが出逢っていく“キッカケ”の《場》としてあっただろう」と、

そいうことが大事なんじゃないかと書きました。そういう《場》というのはみんなで、関わる人がつくっていくものですよね。

だから、人と人が関わっていくということが大事で、そういう《場》として「プガジャ」はやっぱりおもしろかったんじゃないかなと思います。



【新なにわ塾】

 適塾や懐徳堂の伝統を受け継ぎ、大阪が歩んできた道を《光と影》《栄光と挫折》の両面から振り返ろうとする市民講座。

上記内容は本書刊行時のものです。