版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
なにわ塾第45巻 日本の裁判を考える 色川 幸太郎(著/文) - ブレーンセンター
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天   書店
直接取引: あり(その他)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

なにわ塾第45巻 日本の裁判を考える (ナニワジュクダイヨンジュウゴカン ニホンノサイバンヲカンガエル)

このエントリーをはてなブックマークに追加
新書判
189ページ
並製
定価 602円+税
ISBN
978-4-8339-0145-1   COPY
ISBN 13
9784833901451   COPY
ISBN 10h
4-8339-0145-5   COPY
ISBN 10
4833901455   COPY
出版者記号
8339   COPY
Cコード
C0232  
0:一般 2:新書 32:法律
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
1992年10月
書店発売日
登録日
2010年2月18日
最終更新日
2020年7月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

最高裁判所判事として多くの人権擁護の意見を示した氏が、日本の司法権がいかに独立してきたかを説き起こすとともに、あるべき裁判制度にふれる。

目次

まえがき

第一回講座 私の歩んできた道
はじめに
東京から大阪へ
農民組合の顧問弁護士として
大阪労働学校の講師となって
民事の選択と労働委員会
履歴を振り返って

第二回講座 近代的裁判制度の揺籃期
明治初期の司法官制の動き
大阪会議と大審院の創設
江藤司法卿の業績と佐賀の乱
刑事法制の変遷
代言人の公許と弁護士の誕生

第三回講座 大津事件から治安維持法まで
大津事件の時代背景
大津事件の概要と危機感
児島大審院長の反論
司法の独立を死守した判決
大逆事件における司法の後退
暗黒時代における司法の無力

第四回講座 戦後の司法改革と最高裁判所
違憲立法審査権の判定
恵庭事件と長沼ナイキ基地訴訟
最高裁による規則制定権の確立
調査官制度の利点
最高裁判事の意見表明義務
八海事件について
多数意見と反対意見
尊属殺規定に対する違憲判決

第五回講座 裁判官の独立ということ
司法権の独立と裁判官の独立
裁判官の良心とは
冤罪はなぜ起こるのか
裁判官による法解釈の相違
司法権の侵害と裁判官への圧力
裁判官の身分上の独立と今後の課題
質問に答えて

略年譜
塾生名簿
あとがき

著者プロフィール

色川 幸太郎  (イロカワ コウタロウ)  (著/文

1903年、千葉県生まれ。27年、東京帝国大学法学部卒業とともに大阪で弁護士となり、農民組合の顧問弁護士として小作事件を扱う。労働方角の草分け的存在。
戦後は、日大大阪専門学校教授、大阪地方労働委員会委員、大阪弁護士会会長、法制審議会委員などを経て、66年、最高裁判所判事に就任。
在任中に多くの少数意見を開陳する。73年、弁護士に復帰。
労働法関係、判例評釈等の著書、編著は多数にのぼる。

上記内容は本書刊行時のものです。