版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
なにわ塾第12巻 考古学調査に末永作戦 末永 雅雄(著/文) - ブレーンセンター
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|日教販
直接取引: あり(その他)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784833901123

なにわ塾第12巻 考古学調査に末永作戦

このエントリーをはてなブックマークに追加
新書判
244ページ
並製
定価 600円+税
ISBN
978-4-8339-0112-3   COPY
ISBN 13
9784833901123   COPY
ISBN 10h
4-8339-0112-9   COPY
ISBN 10
4833901129   COPY
出版者記号
8339   COPY
Cコード
C0221  
0:一般 2:新書 21:日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
1983年8月
書店発売日
登録日
2020年7月15日
最終更新日
2020年7月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

戦後最大の発見といわれた高松塚古墳の発掘での興味深いエピソードを交え、考古学への姿勢、調査方法や古墳文化についてわかりやすく語る。

目次

まえがき

第一回講座 応神陵を考える
考古学への姿勢

第二回講座 考古学調査に末永さ苦戦
日本先史文化
鮎をとるトビと桑の葉の話
宿題発表―紫衣事件など―
発掘に欠かせぬ地元との和

第三回講座 百舌鳥古墳群をみる
仁徳天皇陵の実態
つくり出し
古墳の美学
新沢千塚

第四回講座 弥生文化
弥生文化と青銅器
酒・タバコ・お茶
縄文・弥生の分化差
唐古作戦

第五回講座 日本古墳文化
古墳文化の生成・発展
石舞台作戦
叱るということについて
私と考古学との出合い

第六回講座 高松塚古墳作戦
高松塚古墳発掘の?末
前田青邨画伯による模写
国家の安定
考古学の未来

第七回講座 日本古文化の回顧
塾生たちへ
高井田横穴
稲作と農耕の起源
前方後円墳の起源について

略年譜
主要著者目録
あとがき

著者プロフィール

末永 雅雄  (スエナガ マサオ)  (著/文

1897年大阪府南河内郡に生まれる。1926年より京都大学文学部で浜田耕作、西田直二郎両氏から考古学と歴史学を学ぶ。
武具の復元研究をまとめた『日本上代の甲冑』で帝国学士院賞受賞。38年奈良県橿原考古学研究所創設。
戦後、茶臼山・黄金塚古墳の発掘調査を指揮。71年、戦後最大の発見といわれた高松塚古墳を発掘。73年朝日文化賞、80年文化功労者顕彰を受ける。
主な著者に『日本上代の武器』『日本の古墳』など多数。1991年 逝去。

上記内容は本書刊行時のものです。