版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
なぜ人はカルトに惹かれるのか 瓜生 崇(著/文) - 法藏館
..
詳細画像 0

なぜ人はカルトに惹かれるのか 脱会支援の現場から

発行:法藏館
四六判
厚さ16mm
重さ 274g
214ページ
定価 1,600円+税
ISBN
9784831887795
Cコード
C0015
一般 単行本 仏教
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年5月10日
書店発売日
登録日
2020年3月26日
最終更新日
2020年4月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「これで、迷わず生きていけると思った」

自らも学生時代に入信脱会を経験し、アレフ(オウム真理教の後継団体)脱会支援に携わる著者は、信者に共通する正しさ依存の心理に注目する。
同時に、決してカルトに限らない問題なのではないかと気づいていく。
人は皆、何らかの正しさを握りしめて生きているのではないだろうか。
カルトに入る人と、入らない人との間に、はたして違いはあるのだろうか。
どうすれば、カルトから脱会できるのだろうか。
入信から脱会までの自身の体験を糧に信者と向き合い、「脱会とは、迷いなが生きる勇気を持つこと」とエールを送る。

[目次より]

はじめに
第一章 私の入信と脱会体験
第二章 なぜ人はカルトに惹かれるのか
第三章 どうしたら脱会できるのか
あとがき
参考文献
カルト問題の相談先

目次

はじめに 

第一章 私の入信と脱会体験
一九九三年、東京――プロローグ 
人生の目的――教団との邂逅 
受験失敗――孤独と喪失 
シーシュポスの神話――人生は無意味なのか 
救われないぜ――地下鉄サリン事件への衝撃 
過労死――激しい活動と大学中退 
絶対無条件服従――考えることの放棄 
講師部員――激しい活動と「仲間」への依存 
インターネット対策――虚構の教団を守る 
マインド・コントロール――なぜ私は信じたのか 
パラダイム・シフト――「思考の前提」を疑うということ 
脱会の決意――人生をやり直す
再就職と社会復帰――回復へのみちのり 
親鸞会を除名に――そして脱会支援へ 

 コラムⅠ カルトに定義はあるのか 

第二章 なぜ人はカルトに惹かれるのか
 カルトに入る時期や入信者の傾向はあるのか 
 宗教にニセモノと本物の違いはあるのか 
 なぜ「正しさ」に依存するのか 
 なぜ「正しさ」は暴走するのか 
 きれいな心のままでも人は殺せる 
 「宗教的正義」と「社会的正義」の境界線 
 なにが教祖を誕生させるのか 
 なぜ彼らは神秘体験を求めたのか 
 本当は迷い、もがいている 
 
 コラムⅡ カルトの見分け方はあるのか

第三章 どうしたら脱会できるのか
 どうして脱会する必要があるのか 
 脱会という「正解」を押し付けていないか 
 カルトのことを偏見の目で見ていないか 
 思考停止はゆらいでいる姿 
 カウンセラーや自助グループの役割 
 家族のコミュニケーションの回復 
 教団とその教えについて知る 
 脱会と回復への道筋 
 カルト体験も人生のかけがえのない一ページ 
 
 コラムⅢ どうやって勧誘されるのか 

あとがき 
参考文献 
カルト問題の相談先

著者プロフィール

瓜生 崇  (ウリウ タカシ)  (著/文

1974年、東京都生まれ。電気通信大学中退。大学在学中に浄土真宗親鸞会に入会、同講師部にて十二年間の活動後、脱会。脱会後にIT企業や印刷会社のシステムエンジニアを経て、二〇一一年から滋賀県東近江市の真宗大谷派玄照寺住職。脱会後はカルトの脱会支援活動に尽力するほか、大学や高校、寺院などでカルト問題啓発のための講演をしている。大阪大学キャンパスライフ健康支援センター招へい教員。真宗大谷派青少幼年センタースタッフ。

上記内容は本書刊行時のものです。