版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
新装版 正信偈講話 上 蜂屋賢喜代(著/文) - 法藏館
..

新装版 正信偈講話 上

発行:法藏館
四六判
240ページ
定価 1,800円+税
ISBN
9784831865526
Cコード
C3015
専門 単行本 仏教
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年5月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

親鸞が浄土真宗のおしえを簡潔にまとめた「正信念仏偈」
本書は浄土真宗の中で最も読まれる正信偈を、日常生活に即して講じた入門書。
著者は明治から昭和にかけて伝道布教につとめた真宗大谷派僧侶。
六十行百二十句にまとめられた偈文の一句一句に注目し、難解な語句には詳細な語註を付し、誰にでもわかり易いことを念頭に丁寧な解釈を講じる。
親鸞の記した浄土真宗の深い教義を伝える名著が、装いを新たに復刊。

上巻は偈文の前半部分である「依経段」までを収録。「正信念仏偈」という題号の由来からその大意に触れ、「難信の理由(難中之難無可斯)」までを収録。

「六十行であり百二十句である簡単なる偈文でありますが、此の偈文よって真宗の綱格を十分に述べ尽くされたのであります。(中略)そういうわけですから、真宗という教はどういう教であるのかということを、最も簡明に説き顕されたのが此の「正信偈」であります。それゆえに広い意味で真宗という教を知らんとならば「教行信証」を拝読するべきであるが、最も簡単に真宗を知らんとするならば、此の「正信偈」を味読すればよろしいのです。」
(「あとがき」より)

目次

第一篇/大意 第一章:題号について 第二章:聖人の帰敬 第二篇/真宗の正意 第一章:法蔵菩薩の発願 第二章:五劫の思惟と永劫の修行 第三章:重ねて御名を誓いたもう 第四章:十二光について 第五章:一切の群生光照を蒙る 第六章:救済の原因と結果 第七章:釈尊出世の本懐 第八章:煩悩を断ぜずして涅槃を得 第九章:摂取の心光は常に照護したもう 第十章:信の現益 第十一章:人中の白蓮華 第十二章:難信の理由 

著者プロフィール

蜂屋賢喜代  (ハチヤ ヨシキヨ)  (著/文

1880年 9月10日大阪市東区谷町・慶徳寺に生まれる 1905年 東京巣鴨、真宗大学本科(現大谷大学)卒業 1918年 雑誌『成同』を刊行し布教・伝道活動展開 1924年 大阪天王寺の光照寺の住職となる 1964年 12月13日 84歳逝去 著書 『人間道』『仏天を仰いで』『病める人へ』『歎異抄講話』『蓮如上人御一代記聞書講話』『正信偈講話』『苦の探求』『四十八願講話』等

上記内容は本書刊行時のものです。