版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
隠徳のひじり 玄賓僧都の伝説 原田信之(著/文) - 法藏館
..
詳細画像 0

隠徳のひじり 玄賓僧都の伝説

発行:法藏館
A5判
288ページ
定価 2,600円+税
ISBN
9784831862495
Cコード
C1015
教養 単行本 仏教
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年5月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

法相六祖の一人、平安時代の興福寺の高僧・玄賓僧都。世俗を厭い名利を離れて隠棲した「隠遁聖の祖」として、『発心集』、能「三輪」のワキに登場するなど、中世以降、様々な伝承が生まれていった。
鴨長明や良寛が憧れてやまなかった玄賓僧都。大和の国(奈良県)、備中の国(岡山県)、伯耆国(鳥取県)をはじめ、全国に伝わる、その誕生から終焉までの多数の魅力的な伝説を一書に収載。玄賓僧都没後1200年記念出版。

目次

序 章 玄賓僧都伝説の魅力と意味
     Ⅰ 隠徳のひじり玄賓僧都と法相宗僧侶の社会事業
     Ⅱ 隠遁者のあこがれ――玄賓僧都説話の成立と展開――
     Ⅲ 玄賓僧都「伝説」の魅力と意味 

◆備中国(岡山県)編
 第一章 備中国における玄賓生誕地伝説と臍帯寺
     はじめに 
Ⅰ 地名「高僧屋敷」と行者様
Ⅱ 広大山縁起と行基・玄賓伝承
Ⅲ 臍帯寺と玄賓の母
     Ⅳ 郡神社と玄賓
     結  語

 第二章 備中国湯川寺における玄賓僧都伝説
     はじめに
Ⅰ 玄賓の来訪
Ⅱ 玄賓の呪力
Ⅲ 帝との交流
     Ⅳ 玄賓湯川寺を去る
     結  語

 第三章 新見市の玄賓僧都伝説――湯川寺・大椿寺・四王寺――
はじめに
Ⅰ 土橋の湯川寺
     Ⅱ 哲多の大椿寺
Ⅲ 哲西の四王寺
     結  語

 第四章 「湯川寺縁起」と玄賓僧都伝説
はじめに
Ⅰ 玄賓の生没年と備中国来訪年次
     Ⅱ 「湯川寺縁起」と出典の検討
Ⅲ 「湯川寺縁起」成立の背景
結  語

 第五章 玄賓僧都伝説と四王寺の文物
はじめに
     Ⅰ 玄賓伝承と四王寺
     Ⅱ 四王寺の「当山世代年譜」
     Ⅲ 四王寺の大般若経
     Ⅳ 四王寺の文物と末寺
結  語

 第六章 高梁市中井町の玄賓僧都伝説――定光寺・光林寺・柴倉神社――
     はじめに
Ⅰ 西方の定光寺
     Ⅱ 柴倉の光林寺
     Ⅲ 柴倉の柴倉神社
     Ⅳ 大草の如意輪観音堂
     結  語

 第七章 備中国における玄賓僧都伝説の諸相――「哲多郡」の意味するもの――
     はじめに
Ⅰ 高梁の松林寺と深耕寺
     Ⅱ 吉備中央町の袈裟掛岩と僧都川
     Ⅲ 玄賓僧都伝承の広がり
     Ⅳ 「哲多郡」の意味するもの
     結  語

 第八章 備中国における玄賓終焉地伝説ー大通寺・山野神社
はじめに
     Ⅰ 地名「僧都」と玄賓の墓
     Ⅱ 大通寺と玄賓庵
     Ⅲ 倉見池と山野神社
     結  語

◆大和国(奈良県)・伯耆国(鳥取県)編
 第一章 大和国三輪の玄賓僧都伝説――大神神社・玄賓庵――
はじめに
     Ⅰ 三輪と玄賓
     Ⅱ 謡曲「三輪」と大神神社
     Ⅲ 玄賓庵と「玄賓庵略記」
結  語

 第二章 伯耆国の玄賓僧都伝説と阿弥陀寺 ・・・・・・・・・・・・・
はじめに
     Ⅰ 阿弥陀寺伯耆大山建立説
     Ⅱ 『伯耆民諺記』の玄賓伝承
     Ⅲ 『伯耆志』の玄賓伝承
     Ⅳ 秦家文書と賀祥建立説
結  語

〔付1〕玄賓僧都伝説関係地図
〔付2〕玄賓僧都関係年譜
初出論文一覧
あとがき
索  引

著者プロフィール

原田信之  (ハラダ ノブユキ)  (著/文

1959年、広島県に生まれる。1990年、立命館大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得。 現在、新見公立大学教授。博士(文学)。 著書に、『今昔物語集南都成立と唯識学』(単著、勉誠出版)、『唱導文学研究 第1~11集』(共著、三弥井書店)、 『日本の民話を学ぶ人のために』(共著、世界思想社)、『民話の原風景─南島の伝承世界─』(共著、世界思想社)、『日本説話伝説大事典』(共著、勉誠出版)、 『天皇皇族歴史伝説大事典』(共著、勉誠出版)、『社寺縁起伝説辞典』(共著、戎光祥出版)他多数。

上記内容は本書刊行時のものです。