版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
糞掃衣の研究 松村 薫子(著/文) - 法藏館
..

書店員向け情報 HELP

糞掃衣の研究 (フンゾウエノケンキュウ) その歴史と聖性 (ソノレキシトセイセイ)

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:法藏館
四六判
175ページ
定価 2,800円+税
ISBN
978-4-8318-6033-0   COPY
ISBN 13
9784831860330   COPY
ISBN 10h
4-8318-6033-6   COPY
ISBN 10
4831860336   COPY
出版者記号
8318   COPY
Cコード
C1321  
1:教養 3:全集・双書 21:日本歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2006年6月30日
書店発売日
登録日
2019年10月4日
最終更新日
2019年10月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

僧侶が着ける最上の袈裟「糞僧衣」とは。その製作活動や理念,歴史的展開などについて考察する。

目次

序 章 研究の課題と対象
第一章 福田会における糞掃衣製作活動
第二章 糞掃衣の理念の歴史(一)-インド・経典分析を中心に―
第三章 糞掃衣の理念の歴史(二)-日本的展開―
第四章 糞掃衣の聖性はどこからくるのか

著者プロフィール

松村 薫子  (マツムラ カオルコ)  (著/文

1972年福井県に生まれる。1996年大手前女子大学文学部日本文化学科卒業、1998年神戸女学院大学大学院文学研究科日本文化学専攻修了、2003年総合研究大学院大学文化科学研究科国際日本研究専攻単位取得退学、2004年総合研究大学院大学から博士(学術)取得。現在、国際日本文化研究センター機関研究員。主な論文に、「『糞掃衣』研究」(『文化論輯』第8号、1998年)、「金襴袈裟の展開」(『密教図像』第19号、2001年)等がある。 (本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

上記内容は本書刊行時のものです。