版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
これからの東アジア 木村 福成(著/文 | 編集) - 文眞堂
..

これからの東アジア 保護主義の台頭とメガFTAs

発行:文眞堂
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ12mm
重さ 270g
198ページ
定価 2,500円+税
ISBN
9784830950988
Cコード
C3033
専門 単行本 経済・財政・統計
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年9月25日
書店発売日
登録日
2020年8月25日
最終更新日
2020年9月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

貿易自由化と経済統合はどのような論理で望ましいとされるのか。国際貿易論、国際通商政策論、国際政治学の基礎に立ち返り、東アジアが保護主義やパワーポリティックスに抗し、メガFTAs形成を進めていかねばならない根拠を明らかにする。COVID-19後を考える上でも欠かせない視点を提供する。

目次

第1章 嵐の中の東アジア経済統合:現状と展望
第2章 なぜ自由貿易を目指すべきなのか:国際貿易論の視点
第3章 国際通商秩序の危機とメガFTAs:貿易ルールの視点
第4章 東アジア経済統合と安全保障の連関:国際政治学の視点
第5章 ASEAN経済統合の深化とアメリカTPP離脱:逆風の中の東アジア経済統合
第6章 拡大アジア太平洋におけるFTAと日本企業
第7章 ASEAN連結性強化と産業立地の変化:米中貿易戦争によるべトナムへの投資加速
第8章 大改革進むベトナムの経済統合戦略:EUとのFTA発効を目指して
終 章 新型コロナウィルス到来を受けて

上記内容は本書刊行時のものです。