版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
コルプス・ミスティクムとは何か 中條 秀治(著/文) - 文眞堂
..

コルプス・ミスティクムとは何か 教会・国家・株式会社を貫く団体の概念

発行:文眞堂
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ20mm
重さ 521g
330ページ
定価 4,200円+税
ISBN
9784830950865
Cコード
C3034
専門 単行本 経営
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年4月25日
書店発売日
登録日
2020年3月26日
最終更新日
2020年4月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

株式会社の起源はコルプス・ミスティクムである。人類史に埋め込まれた「死ぬことのない身体」という観念が現代コーポレート・ガバナンス論の前提である「会社は株主のもの」という宿痾の社会常識を打ち破る。
コルプス・ミスティクムとは何か。中世キリスト教に起源を持つこの観念は、教会・国家・株式会社といった「死ぬことのない」永続性を持つ団体の成立論理である。株式会社が「株主のもの」というのは一つのイデオロギーにすぎない。「団体」としての株式会社は、「擬制的身体」と「擬制的人格」を持って自立的に運動する社会制度体であり、「誰のものでもない」存在である。

目次

第1章 コルプス・ミスティクムとは何か
第2章 コルプス・ミスティクムとしての教会・国家そして株式会社
第3章 団体の概念―集団・団体・組織という交錯した概念を解きほぐす―
第4章 団体としての株式会社
第5章 カンパニー(集団)の会社観とコーポレーション(団体)の会社観―株式会社発生史の再検討―
第6章 西洋におけるコルプス・ミスティクムと日本における「家」―「家の論理」と日本的経営―
第7章 21世紀の株式会社をめぐる諸問題―グローバル社会におけるコルプス・ミスティクムの再生―

上記内容は本書刊行時のものです。