版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
未完の人民元改革 関 志雄(著/文) - 文眞堂
..

未完の人民元改革 国際通貨への道

発行:文眞堂
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ20mm
重さ 413g
228ページ
定価 2,300円+税
ISBN
9784830950506
Cコード
C3033
専門 単行本 経済・財政・統計
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年4月15日
書店発売日
登録日
2020年1月9日
最終更新日
2020年4月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

第一線で活躍しているエコノミストである著者が、長年にわたり経済理論を駆使して行ってきた人民元に関する研究の成果を体系的にまとめた一冊。「人民元レートの決定要因」、「変動相場制への移行」、「米中通貨摩擦」、「チャイナマネー」、「人民元の国際化」、「デジタル通貨」など、研究者だけでなく、政策当局者や投資家にとっても関心の高いテーマを網羅。

目次

第Ⅰ部 WTO加盟後の人民元切り上げを巡る議論―中国経済の台頭とともに高まった元高圧力―
 第1章 なぜ人民元の切り上げが必要なのか
 第2章 切り上げは中国の利益
第Ⅱ部 2005年以降に採用されている「管理変動相場制」の実態―BBC方式と内外環境の変化に配慮―
 第3章 元高局面から元安局面へ
 第4章 人民元の対ドル中間レートはいかに決定されるか―定着する「前日終値+通貨バスケット調整」方式
 第5章 対米人民元摩擦
第Ⅲ部 進行中の「完全変動相場制」への模索―金融政策の独立性の向上とバブル予防に向けて―
 第6章 流動性の膨張をいかに抑えるか―迫られる「完全変動相場制」への移行
 第7章 「完全変動相場制」への移行を模索する中国―参考となる日本の経験と教訓
 第8章 日本のバブルの経験から学ぶべき教訓
第Ⅳ部 注目されるチャイナ・マネーの行方―外貨準備の運用から対外直接投資へ―
 第9章 金融超大国となった中国
 第10章 「発展段階説」から見た中国の国際収支
 第11章 対外投資大国への険しい道
第Ⅴ部 人民元の国際化に向けての課題―中国・地域・グローバルという視点に基づく考察―
 第12章 人民元の国際化は一日にしてならず
 第13章 「資本取引の自由化」という中国の視点からの考察
 第14章 「通貨圏」という地域の視点からの考察
 第15章 「国際通貨体制」というグローバルの視点からの考察

上記内容は本書刊行時のものです。