版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
マレー進攻航空作戦   1941-1942 マーク・E・スティル(著) - 芙蓉書房出版
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト|ニ|楽天|中|日教販   書店
八木
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

マレー進攻航空作戦 1941-1942 (マレーシンコウコウクウサクセン センキュウヒャクユンジュウイチカラセンキュウヒャクヨンジュウニ) 世界を震撼させた日本のエアパワー (セカイヲシンカンサセタニホンノエアパワー)
原書: Malaya&Dutch East Indies 1941-42

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
224ページ
並製
定価 2,500円+税
ISBN
978-4-8295-0867-1   COPY
ISBN 13
9784829508671   COPY
ISBN 10h
4-8295-0867-1   COPY
ISBN 10
4829508671   COPY
出版者記号
8295   COPY
Cコード
C0031  
0:一般 0:単行本 31:政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年10月
書店発売日
登録日
2023年8月30日
最終更新日
2023年10月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2024-01-18 朝雲新聞
2023-11-24 航空ファン  2024年1月号
2023-11-24 Jwings(Jウィング)  2024年1月号
MORE
LESS

紹介

真珠湾攻撃に先立つマレー進攻作戦の緒戦で航空優勢を狙う日本側とその阻止をもくろむ連合国側。双方の視点で計画から戦闘経緯までを克明に記録。

日本陸海軍航空隊が米英蘭軍に圧倒的勝利を収めた要因とは?
❖日本海軍機動部隊は「恐るべき海軍戦力の集合体」
❖大陸での戦訓を取り入れ洗練された日本の航空ドクトリンはこの進攻作戦でも有効に機能した
❖陸海軍の戦力運用の相乗効果が緒戦における電撃戦を成立させた

オスプレイ社の人気シリーズ“AIR CAMPAIGN”の完訳版

航空作戦ならではの三次元的経過が一目で理解できる図などを写真・図版75点掲載



《著者》
 マーク・E・スティル アメリカ海軍退役中佐
《監訳・監修者》
 橋田和浩  航空自衛隊航空教育集団教材整備隊司令
《訳 者》
渡邉 旭  航空自衛隊幹部学校航空研究センター
小林伸嘉  防衛大学校防衛学教育学群准教授
《解説執筆者》
 村上強一  防衛大学校防衛学教育学群准教授
福島大吾  LSAS-TEC㈱ システムエンジニア
天貝崇樹  防衛大学校防衛学教育学群准教授
 平山晋太郎 航空自衛隊第7航空団司令部
由良富士雄 防衛大学校防衛学教育学群准教授
伊藤大輔  航空自衛隊中部航空方面隊司令部援護班長


目次
✺ 序 論
✺ 年 表
✺ 攻撃側の能力 1941年における日本軍の航空戦力
日本海軍航空隊と日本陸軍航空隊のドクトリンと戦力の詳細
✺ 防御側の能力 極東地域の連合軍
マレーのイギリス空軍、オランダ軍、アメリカ陸軍航空隊の戦力の詳細
✺ 作戦の目的 日本軍の攻撃計画
マレー進攻作戦/オランダ領東インドでの作戦/イギリス軍の防衛計画/オランダ軍の防衛計画
✺ 戦 役 日本の南方への進攻
マレー北部をめぐる戦い/作戦2日目/マレー中央部をめぐる戦い/日本海軍航空隊の航空作戦/Z艦隊の最後/シンガポールをめぐる航空戦の激化/シンガポールの陥落/オランダ領東インドをめぐる航空戦
✺ 分析と結論
✺ 参考文献
【解説】
戦闘機等の戦法について/当時のレーダーの開発及び運用状況等について/太平洋における電波の戦いとその変化/日本陸海軍航空の創設期における発展経緯/日本陸軍航空隊のドクトリンの発展経緯/日本海軍の用兵思想【付録】開戦時の文書からみる海軍航空の用兵思想/マレー沖海戦の戦訓/関係地名一覧/日本陸軍航空隊と日本海軍航空隊の航空機一覧

目次

✺ 序 論
✺ 年 表
✺ 攻撃側の能力 1941年における日本軍の航空戦力
日本海軍航空隊と日本陸軍航空隊のドクトリンと戦力の詳細
✺ 防御側の能力 極東地域の連合軍
マレーのイギリス空軍、オランダ軍、アメリカ陸軍航空隊の戦力の詳細
✺ 作戦の目的 日本軍の攻撃計画
マレー進攻作戦/オランダ領東インドでの作戦/イギリス軍の防衛計画/オランダ軍の防衛計画
✺ 戦 役 日本の南方への進攻
マレー北部をめぐる戦い/作戦2日目/マレー中央部をめぐる戦い/日本海軍航空隊の航空作戦/Z艦隊の最後/シンガポールをめぐる航空戦の激化/シンガポールの陥落/オランダ領東インドをめぐる航空戦
✺ 分析と結論
✺ 参考文献
【解説】
戦闘機等の戦法について/当時のレーダーの開発及び運用状況等について/太平洋における電波の戦いとその変化/日本陸海軍航空の創設期における発展経緯/日本陸軍航空隊のドクトリンの発展経緯/日本海軍の用兵思想【付録】開戦時の文書からみる海軍航空の用兵思想/マレー沖海戦の戦訓/関係地名一覧/日本陸軍航空隊と日本海軍航空隊の航空機一覧

著者プロフィール

マーク・E・スティル  (マーク イー スティル)  (

マーク・E・スティル(Mark E Stille)

アメリカ海軍退役中佐

橋田 和浩  (ハシダ カズヒロ)  (監訳

橋田和浩(はしだかずひろ)

航空自衛隊航空教育集団教材整備隊司令

上記内容は本書刊行時のものです。