版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
終戦の軍師 高木惣吉海軍少将伝 工藤 美知尋(著) - 芙蓉書房出版
.

書店員向け情報

在庫ステータス

在庫あり

取次情報

取次: ト|ニ|楽天|中|日教販|八木
直接取引: なし

終戦の軍師 高木惣吉海軍少将伝

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
304ページ
並製
定価 2,400円+税
ISBN
978-4-8295-0811-4   COPY
ISBN 13
9784829508114   COPY
ISBN 10h
4-8295-0811-6   COPY
ISBN 10
4829508116   COPY
出版者記号
8295   COPY
 
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年4月
書店発売日
登録日
2021年3月9日
最終更新日
2021年4月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

海軍省調査課長として海軍政策立案に奔走し、東条内閣打倒工作、東条英機暗殺計画、終戦工作に身を挺した高木惣吉の生きざまを描いた評伝

・熊本県人吉の貧しい家庭に生まれ、苦学の末海軍大学校を首席で卒業
・健康上の理由で軍政畑が長く、海軍省調査課長として
 海軍政策の立案に深く関与した
・安倍能成、和辻哲郎、矢部貞治ら民間の知識人を糾合して結成された
 「ブレーン・トラスト」は高木の発案によるもの
・西田幾多郎らの“京都学派”の学者とも太いパイプをつくった
・政財界、官界の情報収集、分析に才を発揮した
・終戦直前には、東条英機暗殺計画を立案したり、
 米内・井上から秘密裏に命じられた終戦工作に駆け回るなど活躍

目次

プロローグ 高木惣吉の人物像――七十七忌法要で語られた素顔
「今の日本が平和なのは高木さんの終戦工作のおかげ」―森元治郎氏
「〝京都学派〟は高木人脈」―鈴木成高氏
「死の休息」―石田百合子さん
「高木さんの存在は日本海軍の神経中枢だった」―扇一登氏
「戦前、戦後、外務省の仕事に協力してくれた人」―宮崎勇氏
「京都学派は高木さんの戦略と戦術の網にかかった」―高山岩男氏
 内田一臣、中村悌次、二人の元海幕長のスピーチ
「何事にも必死な高木さんは偉大な師」―新名丈夫氏

第一部 高木惣吉の原点と海軍人生
貧窮の家庭に生まれる/海軍兵学校、海軍大学校とエリートコースに乗る/フランス駐在、妻静江への想いを手紙に託す/第一次世界大戦後の情勢/海軍省に戻り、大臣秘書官に/結核による長期療養後、海軍大学校教官として復帰/海軍良識派提督の更迭/二・二六事件の発生/軍務局員と海大教官を兼任

第二部 海軍省調査課長時代
初代海軍省調査課長に就任/防共協定強化問題と高木惣吉/日独伊三国同盟の成立/ブレーン・トラストと高木惣吉/「日米了解案」と高木惣吉/難航する日米交渉/東条内閣の出現と日米開戦

第三部 東条内閣打倒工作と高木惣吉
舞鶴鎮守府参謀長時代/憲兵による「京都学派」に対する弾圧/松前重義と海軍省調査課/高松宮と細川護貞/高木、東条・嶋田の戦争指導体制に絶望/高松宮、東条独裁体制の崩壊を図る/高木、岡田啓介元首相に伏見宮工作を依頼/高木、嶋田海相更迭工作に着手/東条・嶋田の総長兼任に海軍内でも怒り沸騰/東条暗殺に突き進む高木惣吉/高木、東条暗殺を決意!/高木・岡田に東条暗殺を表明/「聖断」による終戦構想の萌芽/岡田・東条の対決/最後の手段は暗殺!

第四部 終戦工作に奔走する高木惣吉
高木に終戦工作の密命下る/小磯内閣の命脈尽きる/各方面で胎動する終戦への模索/対ソ交渉案/八月九日午前零時、ソ連軍侵攻/無条件降伏か、条件付き降伏か/歴史的な深夜の御前会議/阿南陸相、ポツダム宣言に断固反対/再び「聖断」下る

エピローグ 脳裏に浮かぶ四人の顔

著者プロフィール

工藤 美知尋  (クドウミチヒロ)  (

日本ウェルネススポーツ大学教授
1947年山形県長井市生まれ。日本大学法学部卒業、日本大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了、ウィーン大学留学、東海大学大学院政治学研究科博士課程修了。政治学博士。主な著書に、『苦悩する昭和天皇』『日本海軍と太平洋戦争』『日ソ中立条約の研究』『海軍良識派の支柱山梨勝之進』『日本海軍の歴史がよくわかる本』『東条英機暗殺計画』など。

上記内容は本書刊行時のものです。