版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
パリ2000年の歴史を歩く 大島 信三(著) - 芙蓉書房出版
.

パリ2000年の歴史を歩く 花の都を彩った主役たちの人間模様

四六判
290ページ
並製
定価 2,300円+税
ISBN
978-4-8295-0771-1
Cコード
C0026
一般 単行本 旅行
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年9月
書店発売日
登録日
2019年8月8日
最終更新日
2019年9月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

シーザー、アントワネット、ナポレオンなどパリを舞台に活躍した人々の史蹟を訪ねるパリ2000年の歴史散歩。シャルリー・エブド襲撃事件、黄色いベスト運動、ノートルダム大聖堂の火災など最近の話題も取材。写真250点収録。

目次

第1章 シーザーからジャンヌ・ダルクまでのパリ
チュイルリー公園のシーザー像/リュテス闘技場とクリュニー大浴場/パリを守る聖女ジュヌヴィエーヴ/パリにつれなかった大帝シャルルマーニュ/中世が息づくパリ/サント・シャペルはパリの宝石/ソルボンヌでザビエルを思う/ノートルダム北塔と周恩来/ジャンヌ・ダルクのメモリアル
第2章 二人の名君が遺したパリのモニュメント
パリ市民が要望したルーヴル宮の復旧/パリ市庁舎とサントゥスタッシュ教会余話/ヴォージュ広場とチュイルリー宮誕生の発端/サン・バルテルミーの虐殺とコリニー記念碑/アンリ4世とポン・ヌフ橋/フィレンツェの面影残すリュクサンブール
第3章 ルイ14四世の時代とその後継者
フロンドの乱で夜逃げの王家/ヴェルサイユ宮造営のきっかけ/サン・ドニ門とサン・マルタン門のちがい/儀式化された宮廷生活/ルイ15世とポンパドゥール夫人の時代
第4章 マリー・アントワネットとフランス革命
ウィーンの女帝の悩み/王妃の村里/首飾り事件という濡れ衣/ルイ16世こそ改革派/ヴェルサイユの球技場の誓い/大革命の本拠地/アンヴァリッドからバスティーユ監獄へ/女性集団がヴェルサイユへ行進/歴史の舞台はチュイルリー宮へ/タンプル塔の王一家/ギロチン待合室
第5章 ナポレオンとパリの不思議な関係
10年間の治世でパリ滞在はわずか955日/「ナポレオンの露払い」ロベスピエールの最期/ナポレオンとジョゼフィーヌの出会い/間一髪だったサン・クルー宮のクーデター/金融と治安の本山を創設する…/ナポレオンの戴冠式とマルメゾン宮/ナポレオン最後の野望
第6章 傍流の世にパリは花ひらく
コンコルド広場とオベリスク余話/ナポレオンの地下墓地/バスティーユ広場のユゴー/ナポレオン3世と皇妃ウージェニー
第7章 パリへ渡ったサムライたち
文久遣欧使節団が泊まったホテル/日本のパリ万博初体験/必見の視察先だったパリ警視庁とサンテ刑務所/パリ万博会場の川上貞奴と夏目漱石/島崎藤村も疎開を余儀なくされた大戦下のパリ
第8章 世紀末のパリの空の下で
パリ防衛に由来するデファンスの地名/パリ・コミューンとペール・ラシェーズ墓地の惨状/マリアンヌという共和国の寓意/サラ・ベルナールとドレフェス事件/マタ・ハリとヴァンセンヌの森とブーローニュの森
第9章 ヒトラー支配下のパリ
尊大なドゴールを許容したチャーチルの直感/ヒトラー、休戦直後のパリへ入る/ドイツ占領軍が陣取ったパリの一流ホテル/ジュ・ド・ポーム美術館とオランジュリー美術館の一コマ/暗黒のパリの地下組織/降伏署名の場はモンパルナス駅
第10章 壮大なパリの再生と分断されるパリ
パッシー墓地に眠るベトナム最後の皇帝/1968年の五月革命/戦後のフランス大統領が立案したパリの大建築物/シャルリー・エブド襲撃事件の現場/ネット時代の黄色いベスト運動/ノートルダム大聖堂の火災

著者プロフィール

大島 信三  (オオシマ シンゾウ)  (

昭和17年、新潟県生まれ。早稲田大学教育学部卒。同39年、産経新聞社に入社。千葉支局を振り出しに新聞と雑誌の両部門で政治や国際問題、文化全般の取材、インタビュー、編集に携わった。『週刊サンケイ』編集長、『新しい住まいの設計』編集長、特集部編集委員、『正論』編集長、編集局編集委員、特別記者を経て平成21年退社。特集部編集委員のときにヨーロッパの都市再開発を取材し、記者としてパリを観察。その後はフランス史やパリ関連の書籍をひもときながらフリージャーナリストとしてパリの街歩きをつづけてきた。著書に『異形国家をつくった男――キム・イルソンの生涯と負の遺産』、『宮尾登美子 遅咲きの人生』、『ダライ・ラマとチベット――1500年の関係史』(いずれも芙蓉書房出版)がある。日本記者クラブ会員。

上記内容は本書刊行時のものです。