版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
非凡なる凡人将軍 下村定  - 芙蓉書房出版
.

非凡なる凡人将軍 下村定 最後の陸軍大臣の葛藤

四六判
232ページ
並製
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-8295-0766-7
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年7月
書店発売日
登録日
2019年6月10日
最終更新日
2019年7月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

“帝国陸軍の骨を拾った“帝国陸軍の骨を拾った”最後の陸相下村定(しもむらさだむ)の初めての評伝

陸大首席卒業、長期の欧州駐在の後、エリート軍人の階段を駆け上がった下村は、地味な存在だったため、これまで取り上げられる機会が少なかった。
しかし、「陸軍解体」の責任者という大仕事をやり遂げた人物である。
昭和20年の第89帝国議会で、当局者でありながら陸軍の政治干渉を糾弾し、“火元は陸軍”とその責任を認めて国民に謝罪した。
陸大卒業から陸軍解体、巣鴨拘置所収監、そして交通事故死するまでの半生を描く
)の初めての評伝。
陸大首席卒業、長期の欧州駐在の後、エリート軍人の階段を駆け上がった下村は、地味な存在だったため、これまで取り上げられる機会が少なかった。
しかし、「陸軍解体」の責任者という大仕事をやり遂げた人物である。
昭和20年の第89帝国議会で、当局者でありながら陸軍の政治干渉を糾弾し、“火元は陸軍”とその責任を認めて国民に謝罪した。
陸大卒業から陸軍解体、巣鴨拘置所収監、そして交通事故死するまでの半生を描く

目次

序 章 ある交通事故
第一章 陸軍大学校卒業講演
 首席の講演「マルヌ河の会戦」
第二章 民本主義の渦のなかで
大正陸軍の始まり/戦乱後のフランス駐在武官に/軍隊とデモクラシー/参謀本部作戦課に配属/ジュネーブ軍縮会議代表団の一員に
第三章 暴支膺懲の嵐のなかで
第一次上海事変/参謀本部第四部長に/上海海軍特別陸戦隊の十日間/参謀本部第一部長に/南京政府の背後にいたドイツ軍事顧問団/上海戦線「二〇三高地」攻略戦/決行・杭州湾上陸/蘇州―嘉興ライン(制令線)が追撃の限界点に/制令線の撤廃/第七十五回帝国議会での斎藤隆夫の演説
第四章 大陸の風の中で
病魔とのもう一つの戦い/第十三軍司令官として戦場へ/下村暗殺未遂事件
第五章 軍解体の宿命のなかで
北京で迎えた終戦/東久邇宮内閣の陸軍大臣に就任/八月二五日の勅諭と陸海軍消滅への道のり/急ピッチで進んだ「前例無き復員」/湯恩伯将軍の温情/どさくさまぎれの軍需品不正処分問題/戦争責任裁判法に下村は反対/陸軍最後の日までの残された時間/陸軍の政治干渉を糾弾した第八十九回帝国議会での下村演説/帝国陸軍最後の二日間
終 章 巣鴨拘置所の一年

上記内容は本書刊行時のものです。