版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
米海軍戦略家の系譜 谷光 太郎(著) - 芙蓉書房出版
.

米海軍戦略家の系譜 世界一の海軍はどのようにして生まれたのか

四六判
260ページ
並製
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-8295-0762-9
Cコード
C0031
一般 単行本 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年5月
書店発売日
登録日
2019年4月4日
最終更新日
2019年5月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

第一次大戦から第二次大戦終結までの歴代の海軍長官、海軍次官、作戦部長の思想と行動から、米国海軍が世界一となった要因を明らかにする。

◎戦略・戦術研究に主眼を置いたユニークな海軍大学校
◎海のフロンティア(海外進出)を推進したセオドア・ルーズベルト
◎米国海軍に絶大な影響を与えたマハン
◎7つの海を支配する海軍に育て上げたフランクリン・ルーズベルト
◎2人のルーズベルトはマハンの信奉者だった
◎マハンは実は黄禍論者だった
◎海軍に多くの新機軸を導入したダニエルズ長官
◎海軍史上最大の演習を行ったクーンツ作戦部長
◎統合陸海軍会議の議長を務めたヒューズ作戦部長
◎ワシントン軍縮条約に賛成したプラット作戦部長
◎新聞人から海軍長官になったノックス
◎太平洋は「防衛」、大西洋は「攻撃」の戦略を提唱したスターク作戦部長
◎キング作戦部長の対日戦戦略
◎海軍長官から初代国防長官になったフォレスタル

目次

第1章❖米海軍省の歴史
第2章❖戦略研究機関としての米海軍大学校の創設と理論家マハン大佐
  1 海軍大学校創設に情熱を燃やしたルース提督
世界に例のない研究機関をつくりたい
海軍内の根強い反対を抑えて海軍大学校が開校
  2 マハン大佐を海軍史・海軍戦略教官として招く 
孤立していたマハンの庇護者となったルース
マハンがルースの後任の二代目校長に
  3 他国の海軍大学校とは異なった特色
  4 マハンの思想はどのように形成されたのか
父に「軍人向きでない」と言われたマハン少年
明治維新直前の日本を見たマハン
  5 マハンの思想は世界にどんな影響を与えたか
『海上権力史論』とはどのような本か
トレーシー海軍長官は国外進出の外洋海軍を重視
マハンの信奉者となった二人のルーズベルト
マハンを歓待したドイツ皇帝
大きな影響を受けた日本海軍
ソ連への影響
  6 マハンは黄禍論者だった

第3章❖世界第二位の海軍力に育てたセオドア・ルーズベルト
  1 ルーズベルト家の家系
  2 念願の海軍次官になるまで
  3 マッキンリー大統領暗殺により史上最年少の大統領に
  4 海軍力の大増強を図る
  5 アジアで台頭する日本への警戒感
  6 日露講和斡旋に乗り出す
  7 ポーツマス条約調印にこぎつける
  8 大艦巨砲主義の時代とマハンの死
  9 海兵隊の改革とパナマ運河建設
  10 白色艦隊による日本への示威航海
  11 ルーズベルトでも実現出来なかった海軍参謀本部問題
  12 アフリカ・欧州旅行から終焉まで

第4章❖海軍作戦部創設とダニエルズ海軍長官
  1 新聞人から海軍長官に
  2 「軍人はシビリアンの指導に従うべきである」
  3 海軍長官の反対にもかかわらず海軍作戦部が創設

第5章❖第一次大戦とフランクリン・ルーズベルト海軍次官
  1 フランクリン・ルーズベルトの生涯
  2 ニューヨーク州議員から海軍次官に
  3 海軍に君臨していたルーズベルト一族
  4 海軍次官としての仕事ぶり
  5 第一次大戦勃発とルーズベルト次官の活躍
  6 海軍行政を知りつくした自信と人脈の形成

第6章❖第一次大戦後の軍縮時代―対日戦への序曲と4人の作戦部長―
  1 対日戦を念頭に大演習を敢行した第二代海軍作戦部長クーンツ
第一次大戦後の海軍縮小の課題
ワシントン海軍軍縮会議をめぐる三大海軍国のかけひき
航空局と合衆国艦隊の創設
合衆国艦隊長官として大演習を行う
  2 日本人移民問題と第三代海軍作戦部長エーベル
先鋭化する日米間の対立
日本人移民排斥問題が日米対立に深刻な影響を
「航空兵力は決戦兵器ではない」
海軍予備士官隊(NROTC)創設とジュネーブ海軍軍縮会議
  3 ロンドン軍縮会議と四代目作戦部長ヒューズ
ショーフィールド少将の状況分析
対日戦計画(オレンジ計画)の最新版をつくる
巡洋艦建造問題
戦艦、航空兵力対策
海軍航空の父モフェット航空局長
ロンドン海軍軍縮会議
  4 五代目海軍作戦部長プラット
海軍軍縮会議と大恐慌
失敗に終わった第1回ジュネーブ海軍軍縮会議
アダムズ海軍長官とロンドン海軍軍縮条約
日本海軍とロンドン軍縮会議
第2回ジュネーブ軍縮会議(1932年)

第7章❖フランクリン・ルーズベルト大統領と第二次大戦
  1 第1次大戦終了、雌伏の時代
  2 ニューヨーク州知事から大統領に
  3 挙国一致内閣を名目に共和党のノックスを海軍長官に起用
  4 対日禁輸と在米日本資産凍結
  5 第二次大戦への参戦を
  6 人種偏見意識の持ち主
  7 スターク作戦部長による対日戦計画
  8 統合参謀長会議の創設
  9 米英軍首脳による連合参謀長会議創設

第8章❖第二次大戦 キング元帥と対日戦略
  1 スタークを更迭しキングが作戦部長に就任
  2 合衆国艦隊長官と海軍作戦部長を兼務
  3 合衆国艦隊司令部
  4 キングの対日戦初期戦略
  5 日本海軍の対米戦初期戦略
  6 キングの対日戦中期戦略
  7 中部太平洋進攻かフィリピン進攻か
  8 ルーズベルト、マッカーサー、ニミッツによるハワイ会談

第9章❖フォレスタル 海軍長官から初代国防長官へ
  1 フランクリン・ルーズベルトと同郷
  2 ウォールストリートの社債を販売
  3 陸海軍統合問題に海軍案を策定
  4 三軍統合へのトルーマン大統領の執念
  5 初代国防長官に就任
  6 国防長官辞任、そして自殺

著者プロフィール

谷光 太郎  (タニミツ タロウ)  (

1941年香川県生まれ。1963年東北大学法学部卒業。同年三菱電機入社。1994年山口大学経済学部教授。2004年大阪成蹊大学現代経営情報学部教授。2011年退職、現在に至る。
著書に、『米海軍から見た太平洋戦争情報戦』(芙蓉書房出版)、『ルーズベルト一族と日本』(中央公論新社)、『米軍提督と太平洋戦争』(学習研究社)、『情報敗戦』(ピアソン・エデュケーション)、『敗北の理由』(ダイヤモンド社)、『海軍戦略家マハン』(中央公論新社)、『海軍戦略家キングと太平洋戦争』(中公文庫)、『統合軍参謀マニュアル』(翻訳、白桃書房)、『黒澤明が描こうとした山本五十六』(芙蓉書房出版)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。