版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
スターリンの原爆開発と戦後世界 本多 巍耀(著) - 芙蓉書房出版
.

スターリンの原爆開発と戦後世界 ベルリン封鎖と朝鮮戦争の真実

A5判
362ページ
並製
定価 2,700円+税
ISBN
978-4-8295-0742-1
Cコード
C0031
一般 単行本 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年8月
書店発売日
登録日
2018年7月10日
最終更新日
2018年8月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

KGBスパイと米ソ外交文書が解き明かすソ連の原爆開発の実態。スターリンの脳内異変は冷戦世界にどのような影響を与えたか。

・ソ連が原爆完成に向かって悪戦苦闘したプロセスをKGBスパイたちが証言
・戦後、米ソが激しいかけひきを繰り広げた「冷たい戦争」の山場であるベルリン封鎖と、 その2年後に「熱い戦争」に突入した朝鮮戦争に焦点を絞り、東西陣営の内幕を描く
・スターリン、フルシチョフ、トルーマン、マッカーサー、金日成、李承晩、毛沢東、周恩来などキーマンの回想録、書簡・電報などをフルに活用したノンフィクション

目次

第一章 原爆開発命令
 1 スターリン死す/死因はアテローム血栓性脳梗塞
 2 スパイ群像/KGB職員フェクリソフの回想より
   (1)VT信管と原爆の機密を盗み出したローゼンバーグ夫妻
   (2)原爆のすべてをソ連に伝授したクラウス・フックス博士
 3 カザフスタン・セミパラチンスク原爆実験場
   (1)ウランを探せ/労働キャンプの実態
   (2)ソ連の原爆第一号《РДС-1》
第二章 激化する米ソ対立
 1 ベルリン封鎖
   (1)米国外交政策の転機を告げるトルーマン・ドクトリン
  (2)砕け散った米英ソ仏四カ国評議会
  (3)ベルリン大空輸
2 米ソの朝鮮半島政策と国連の動き
 (1)金日成と李承晩
 (2)北朝鮮駐在ソ連軍軍政長官シトウィコフ
 (3)アメリカの朝鮮半島放棄政策
 (4)戦乱の兆し
第三章 朝鮮戦争
 1 戦争勃発
 (1)議政府の砲声
 (2)トルーマンの運命的決断
 (3)仁川上陸作戦
2 人の津波・中国人民志願軍
 (1)マッカーサー解任
 (2)休戦交渉
 (3)赤い皇帝の葬儀
 (4)休戦成立/李承晩、調印拒否

著者プロフィール

本多 巍耀  (ホンダ タカアキ)  (

1945年神奈川県生まれ。東京理科大学理学部卒業。富士通株式会社入社(流通業関連営業部門配属)、2005年定年退職。現在は日本防衛学会会員、戦略研究学会会員、日本尊厳死協会終身会員、日独協会会員、文化日独コミュニティー会員、日本・トルコ協会会員、日米協会会員。著書に『皇帝たちの夏-ドイツ軍戦争計画の破綻』『大統領と共に-動物の謝肉祭イン・ホワイトハウス』『消えた帝国-大統領ウィルソンの挫折』『原爆投下への道程-認知症とルーズベルト』『原爆を落とした男たち-マッド・サイエンティストとトルーマン大統領』がある。

上記内容は本書刊行時のものです。