版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
激論 アメリカは日本をどこまで本気で守るのか? 田原総一朗(著/文) - ビジネス社
..
【利用不可】

激論 アメリカは日本をどこまで本気で守るのか? (ゲキロンアメリカハニホンヲドコマデホンキデマモルノカ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:ビジネス社
四六判
232ページ
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-8284-2508-5   COPY
ISBN 13
9784828425085   COPY
ISBN 10h
4-8284-2508-X   COPY
ISBN 10
482842508X   COPY
出版者記号
8284   COPY
Cコード
C0031  
0:一般 0:単行本 31:政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2023年2月22日
最終更新日
2023年3月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

改憲して、自衛隊を合憲にすること。まずはそこからです!――田原総一朗
いつ、親中派から転向したんですか?――ケント・ギルバート

目前に迫る中国の脅威!
日本はアメリカの“道具”に過ぎない!?

▼アメリカは、日本を真の同盟国として認めているのか?
⇒アメリカこそ「世界一の侵略国」ではないのか?
⇒中国が台湾に進行する危険性はどのくらいか?
⇒アメリカと中国、日本を“食い物”にしてきたのはどっちだ?
⇒アメリカに押しつぶされた“日の丸半導体”は、復活できるのか?
⇒「アメリカが守ってくれる」は身勝手な幻想である
⇒今こそ日本は“米国コンプレックス”と、“中国への贖罪意識”から脱却すべき!


おそらく、多くの日本人が本当に知りたいことは、いざ台湾有事が起きた場合に、
アメリカは日本をどこまで本気で守ってくれるのか、であろう。実は私の問題意識もそこにあった。
アメリカにとって地政学的意義や極東政策が変われば、日本はいつでも切り捨てられる可能性があるからだ。
ゆえに、日本は単なる道具ではなく、いつでもアメリカに必要とされるような役割を持たなければならない。
―――田原総一朗「はじめに」より

上記内容は本書刊行時のものです。