版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
日本の保守 宮崎正弘(著/文) - ビジネス社
..

日本の保守 (ニホンノホシュ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:ビジネス社
四六判
360ページ
定価 1,900円+税
ISBN
978-4-8284-2355-5   COPY
ISBN 13
9784828423555   COPY
ISBN 10h
4-8284-2355-9   COPY
ISBN 10
4828423559   COPY
出版者記号
8284   COPY
Cコード
C0010  
0:一般 0:単行本 10:哲学
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年11月1日
最終更新日
2021年12月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

やまと魂(美し国)をつくった思想の系譜

真保守主義のかくも長き不在!
凛とした、この日本人を見よ!!

真保守は死なない!
真保守が現実保守に敗れるというパターンは古代から繰り返されてきた。悲壮な悲劇がつきまとうのが日本史の特色である。しかし当人はこの世から消えても理想は消えない。いずれ理想像を求めて保守思想は復活するのである。(本書より)

目次

第1章  「和」を説いた神武肇国の理想、仁徳天皇の徳政、世界史初の十七条憲法
第2章  中世、唐風から国風へ
第3章  戦国時代の保守思想とは?
第4章  江戸時代は保守繚乱
第5章  幕末動乱、百家争鳴
第6章  明治近代化と国風
第7章  大東亜戦争のイデオローグ
第8章  戦後日本を席巻した進歩信仰 これからは反近代、反グローバリズム

著者プロフィール

宮崎正弘  (ミヤザキマサヒロ)  (著/文

1946年金沢生まれ。早稲田大学中退。「日本学生新聞」編集長、雑誌『浪曼』企画室長を経て、貿易会社を経営。82年『もうひとつの資源戦争』(講談社)で論壇へ。
国際政治、経済などをテーマに独自の取材で情報を解析する評論を展開。中国ウォッチャーとして知られ、全省にわたり取材活動を続けている。
中国、台湾に関する著作は五冊が中国語に翻訳されている。
著書に『WORLD RESET2021大暴落にむかう世界』『迫りくるアメリカ悪夢の選択』『新装版激動の日本近現代史1852-1941』『戦後支配の正体1945―2020』『台湾烈烈世界一の親日国家がヤバイ』(いずれもビジネス社)、『バイデン大統領が世界を破滅させる』(徳間書店)、『中国大分裂』(ネスコ)、『出身地で分かる中国人』(PHP新書)など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。