版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
サイト集客の新手法!WordPressサイトのモダンWeb対応入門 末次 章(著/文) - 日経BP
..

サイト集客の新手法!WordPressサイトのモダンWeb対応入門 ~通信待ちゼロ・通信オフ対応を実現~

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:日経BP
A5変型判
212ページ
定価 2,400円+税
ISBN
978-4-8222-9686-5   COPY
ISBN 13
9784822296865   COPY
ISBN 10h
4-8222-9686-5   COPY
ISBN 10
4822296865   COPY
出版者記号
8222   COPY
 
Cコード
C3004
専門 単行本 情報科学
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年9月16日
最終更新日
2021年4月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

本書では、モダンWeb(最新のWeb技術)を使った「サイト変換ツール」を独自に作成し、これまでの画面デザインサイト制作データをそのまま利用して、以下の機能を追加できるようにしました。
・ 通信待ちゼロの高速表示
・ 通信オフ時のサイト利用
・通信オフ時の送信を、通信オン時に自動送信
「サイト変換ツール」から出力されたファイルをWordPressへアップロードするだけで、これらの機能を追加できます。もちろん、変換したいサイトごとに内容・構成は異なるので、あらゆるサイトを全自動で変換するのは困難です。そこで、
「サイト変換ツール」ではソースコードを公開して、必要な個所をカスタマイズして、さまざまなサイトへ柔軟に対応できるように設計してあります。

目次

はじめに
本書を読む前に

第1章 基礎知識1~モダンWeb対応WordPressの体験~
 1-1 デモサイトの紹介
1-1-1 サイトへのアクセス
1-1-2 サイトの拡張機能
1-1-3 動作環境
1-1-4 デモサイトの構造
1-1-5 各ページの呼び出し
 1-2 通信待ちゼロの高速表示
1-2-1 準備(高速モードの開始)
1-2-2 動作確認(写真を含むページ)
1-2-3 集客効果(ぺージ表示の高速化)
1-2-4 前提知識(Googleマップの高速表示)
1-2-5 動作確認(Googleマップの高速表示)
1-2-6 集客効果(インラインフレームの高速表示)
 1-3 通信オフの対応
1-3-1 準備(通信のオフ)
1-3-2 動作確認(通信オフ時のページ表示)
1-3-3 集客効果(通信オフ時のぺージ表示)
1-3-4 動作確認(問い合わせの送信)
1-3-5 集客効果(問い合わせの送信)
第2章 2-1 基礎知識2~よくある質問と回答~
 2-1 基本原理 19
Q1 表示の高速化の仕組みは?
Q2 高速モードとは?
Q3 通信オフ対応の仕組みは?
 2-2 導入
Q4 レンタルサーバーでも利用できる?
Q5 どんなサイトに利用できる?
Q6 サイトをモダンWebに対応させる方法は?
Q7 サイト変換ツールとは?
Q8 運用中のサイトへの影響は?
Q9 プログラムの知識なしで大丈夫?
Q10 運用の手間は?
 2-3 類似ツールとの違い
Q12 ページを保存するアプリとの違いは?
 2-4 仕組みの詳細
2-4-1 子サーバーの構造
2-4-2 子サーバーの起動から高速モードまでの流れ
2-4-3 一括ダウンロードの高速化
2-4-4 サイト変換ツールの構造
2-4-5 サイト変換ツール STEP1の処理
2-4-6 サイト変換ツール STEP2の処理
2-4-7 サイト変換ツール STEP3の処理
2-4-8 運用上の注意点
第3章 実践1~テスト用サイトを作る~
 3-1 準備
3-1-1 システム環境
3-1-2 必要ファイルのダウンロード
3-1-3 操作の流れ
 3-2 WordPress実行環境の準備
3-2-1 LOCALのダウンロード
3-2-2 LOCALのインストール
 3-3 テスト用サイトの設定
3-3-1 新規サイトの作成
3-3-2 サイトのhttps対応
 3-4 WordPressの設定
3-4-1 管理者ログイン
3-4-2 日本語表示設定
3-4-3 プラグインのインストール
3-4-4 サイトデータのインポート
 3-5 サイト変換ツールの操作
3-5-1 サイト変換ツールの実行
 3-6 サイトの機能拡張
3-6-1 機能拡張ファイルのアップロード
3-6-2 拡張機能の動作確認
第4章 実践2~サイト変換ツールを使いこなす~
 4-1 基本カスタマイズ
4-1-1 設定ファイル
4-1-2 設定ファイルの編集
4-1-3 サイトアドレスの設定
 4-2 STEPごとの調整
4-2-1 STEP1
4-2-2 STEP2
4-2-3 STEP3
 4-3 機能拡張ファイルの更新
4-3-1 更新のタイミング
4-3-2 更新手順
 4-4 サイトの動作確認と調整
4-4-1 通信オン状態の動作確認
4-4-2 通信オフ状態の動作確認
4-4-3 リソースファイルの追加作業
 4-5 その他のカスタマイズ
4-5-1 問い合わせ対応
4-5-2 キャプチャ間隔
4-5-3 モバイル画面最適化
4-5-4 開始確認ページのスキップ
4-5-5 開始確認ページの外観
4-5-6 高速モード表示の外観
 4-6 変換対象サイトの変更
4-6-1 httpsプロトコル対応
4-6-2 パーマリンクURL形式
4-6-3 変換対象外ファイル
第5章 技術詳細1~サイト変換ツールの内部構造~
 5-1 概要
5-1-1 フォルダ構造
5-1-2 ソースコードの構成
5-1-3 ログの種類
 5-2 STEP1
5-2-1 フォルダ構造
5-2-2 メインモジュール
5-2-3 依存モジュール
5-2-4 jsdomとは
5-2-5 ソースコード
5-2-6 ログ解析
 5-3 STEP2
5-3-1 フォルダ構造
5-3-2 メインモジュール
5-3-3 依存モジュール
5-3-4 puppeteerとは
5-3-5 puppeteerの通信インターセプト機能
5-3-6 ソースコード
5-3-7 ログ解析
 5-4 STEP3
5-4-1 フォルダ構造
5-4-2 メインモジュール
5-4-3 依存モジュール
5-4-4 ソースコード
5-4-5 ログ解析
第6章 技術詳細2~子サーバーの内部構造~
 6-1 子サーバーの概要
6-1-1 サイトのフォルダ構造
6-1-2 子サーバーのフォルダ構造
6-1-3 子サーバーのファイルとぺージの関連
6-1-4 ぺージごとの役割
6-1-5 ソースコードの構成
6-1-6 ログの種類
 6-2 子サーバーの起動
6-2-1 子サーバーの状態遷移
6-2-2 状態:未登録
6-2-3 状態:登録
6-2-4 状態:インストール
6-2-5 状態:有効化
6-2-6 状態:コントローラー昇格
6-2-7 状態:休止
6-2-8 ブラウザからの状態検知
6-2-9 子サーバー起動のログ
 6-3 子サーバーのキャッシュ
6-3-1 キャッシュ機能の概要
6-3-2 キャッシュ準備の高速化
6-3-3 キャッシュストレージ概要
6-3-4 キャッシュストレージの利用
6-3-5 キャッシュの準備
6-3-6 キャッシュの更新
 6-4 子サーバーのリクエスト処理
6-4-1 リクエストの処理切替
6-4-2 リクエストの分岐条件
6-4-3 条件分岐のコード
6-4-4 GETメソッドのリクエスト処理
6-4-5 POSTメソッドのリクエスト処理
 6-5 子サーバーの管理
6-5-1 Chrome Devevoper Toolsによる管理
6-5-2 キャッシュ管理ぺージ

索引

上記内容は本書刊行時のものです。