版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 Weber, Max(著) - 日経BP社 : 日経BP出版センター
...
Nikkei BP classics

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神

縦200mm
531ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-8222-4791-1
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2010年1月
登録日
2016年3月11日
最終更新日
2016年3月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-07-25 朝日新聞  朝刊

紹介

ウェーバーは100年前、「禁欲」倫理から生まれ落ちた近代資本主義の最終段階に現れる「末人」をこう「預言」した。「精神のない専門家、魂のない享楽的な人間。この無にひとしい人は、自分が人間性のかつてない最高の段階に到達したのだと、自惚れるだろう」-宗教倫理が資本主義を発展させるダイナミズムを描いた名著。

目次

第1章 問題提起(信仰と社会的な層の分化
資本主義の「精神」
ルターの天職の観念-研究の課題)
第2章 禁欲的プロテスタンティズムの職業倫理(世俗内的な禁欲の宗教的な基礎
禁欲と資本主義の精神)

上記内容は本書刊行時のものです。