版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
まんがでイッキ読み!浅見光彦 死の迷宮SP アンソロジー(著/文) - ぶんか社
..
ぶんか社コミックス

まんがでイッキ読み!浅見光彦 死の迷宮SP

コミックス(廉価版)
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:ぶんか社
B6変型判
464ページ
定価 600円+税
ISBN
978-4-8211-2780-1   COPY
ISBN 13
9784821127801   COPY
ISBN 10h
4-8211-2780-6   COPY
ISBN 10
4821127806   COPY
出版者記号
8211   COPY
 
Cコード
C9979
雑誌扱い コミック コミックス・劇画
雑誌コード
5797694
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年2月10日
最終更新日
2021年3月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

あさみさとる「藍色回廊殺人事件」
四国八十八ヶ寺取材で徳島を訪れた光彦は、偶然耳にした未解決殺人事件を解明しようと動き出す。取材先で知った吉野川「第十堰問題」とその事件に繋がりがあるのではと気づき、調べ始めた途端、新たな殺人事件が起き……。

千村青「『須磨明石』殺人事件」
大阪の新聞社に勤める新人女性記者が失踪した。捜索を依頼された光彦は神戸に入り、失踪直前の彼女と会ったという後輩の女子大生と行方を追い始める。明石原人の取材をしていた時、ふたりの男を気にしていたと知り……。

細村誠「十三の冥府」
ある古文書の真偽検証の取材をするため青森へと向かった光彦は、”古文書を否定する者は祟りで命を落とす”というウワサを聞く。説に反論していた大学教授や古文書の存在を否定した大工が死亡。さらに次なる犠牲者が……!?

上記内容は本書刊行時のものです。