版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ルカ福音書を読もう 及川 信(著/文) - 日本キリスト教団出版局
..

ルカ福音書を読もう この世を生きるキリスト者

四六判
280ページ
定価 2,600円+税
ISBN
9784818410671
Cコード
C0016
一般 単行本 キリスト教
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年7月22日
書店発売日
登録日
2020年7月20日
最終更新日
2020年7月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

神と共に変わりつつ──この世を生き抜くためのメッセージを聴く

新約聖書に収められている四つの福音書の一つ、ルカ福音書。有名な「善いサマリア人」など、他の福音書にない多数の魅力的なたとえ話が収録されている。だが、個々のたとえ話を全体の文脈の中で捉えなおすことで、一つひとつのエピソードはさらなる光を放つ。本書は、円熟の境地に達した牧師が自らの様々な経験を通し、ルカ福音書全体を貫くメッセージを読み解く。私たちを変え、そして自身も変わり続ける、生ける神の声が響く。

【目次】
1 時が来れば実現する神の言葉(1・1─25)
2 新しい神とマリア(1・26─38)
3 憐れみによって生かされる(1・39─56)
4 あけぼのの光が訪れる(1・57─80)
5 救い主の誕生(2・1─21)
6 心が刺し貫かれる(2・22─40)
7 わたしは自分の父の家にいる(2・41─52)
8 罪の赦しという救い(3・1─20)
9 罪人を救うために(3・21─38)
10 何を拝むのか(4・1─13)
11 主の業としての福音(4・14─30)
12 イエス様とは誰か(4・31─44)
13 被造物の必要を満たすとは(5・1─26)
14 新しくなりなさい(5・27─39)
15 本来の安息日(6・1─11)
16 イエスの弟子とは(6・12─19)
17 神の愛とは(6・20─36)
18 言葉を行うとは(6・37─49)
19 イエス様の言葉(7・1─17)
20 神の憐れみ(7・18─35)
21 私たちは何を見ているのか(7・36─50)
22 神の家族として生きるために (8・1─21)
23 異邦人の救い(8・22─39)
24 イエス様と出会うとは(8・40─56)
25 私たちは何によって生きるのか(9・1─17)
26 否定が肯定に繫がる(9・18─27)
27 「わたしの愛する子」とは(9・28─45)
28 イエス様に招かれた者は(9・46─50)
29 神の国に生きることへの招き(9・51─61)
30 私たちが証しするもの(10・1─16)
31 「恵み」としての信仰(10・17─24)
32 憐れみを実行する(10・25─37)
33 御言葉に聞く(10・38─42)
34 神を「父よ」と呼べる幸い(11・1─13)
35 私たちの信仰を守るのは(11・14─28)
36 イエス様から見たならば(11・29─36)
37 神の愛と正義(11・37─53)
38 神の前で豊かになるとは(12・1─21)
39 ただ神の国を求めて(12・22─48)
40 神が望んでいること(12・49─59)

目次

1 時が来れば実現する神の言葉(1・1─25)
2 新しい神とマリア(1・26─38)
3 憐れみによって生かされる(1・39─56)
4 あけぼのの光が訪れる(1・57─80)
5 救い主の誕生(2・1─21)
6 心が刺し貫かれる(2・22─40)
7 わたしは自分の父の家にいる(2・41─52)
8 罪の赦しという救い(3・1─20)
9 罪人を救うために(3・21─38)
10 何を拝むのか(4・1─13)
11 主の業としての福音(4・14─30)
12 イエス様とは誰か(4・31─44)
13 被造物の必要を満たすとは(5・1─26)
14 新しくなりなさい(5・27─39)
15 本来の安息日(6・1─11)
16 イエスの弟子とは(6・12─19)
17 神の愛とは(6・20─36)
18 言葉を行うとは(6・37─49)
19 イエス様の言葉(7・1─17)
20 神の憐れみ(7・18─35)
21 私たちは何を見ているのか(7・36─50)
22 神の家族として生きるために (8・1─21)
23 異邦人の救い(8・22─39)
24 イエス様と出会うとは(8・40─56)
25 私たちは何によって生きるのか(9・1─17)
26 否定が肯定に繫がる(9・18─27)
27 「わたしの愛する子」とは(9・28─45)
28 イエス様に招かれた者は(9・46─50)
29 神の国に生きることへの招き(9・51─61)
30 私たちが証しするもの(10・1─16)
31 「恵み」としての信仰(10・17─24)
32 憐れみを実行する(10・25─37)
33 御言葉に聞く(10・38─42)
34 神を「父よ」と呼べる幸い(11・1─13)
35 私たちの信仰を守るのは(11・14─28)
36 イエス様から見たならば(11・29─36)
37 神の愛と正義(11・37─53)
38 神の前で豊かになるとは(12・1─21)
39 ただ神の国を求めて(12・22─48)
40 神が望んでいること(12・49─59)

著者プロフィール

及川 信  (オイカワ シン)  (著/文

1956年東京生まれ。1980年立命館大学文学部歴史学科卒業(東洋史専攻)。1984年東京神学大学博士前期課程修了(旧約学)。1984~1986年日本基督教団仙川教会伝道師。1986~2001年単立松本日本基督教会(現日本基督教団松本東教会)牧師。2001~2017年日本基督教団中渋谷教会牧師、青山学院大学・同女子短期大学講師(キリスト教学)。2017年より日本基督教団山梨教会牧師。

上記内容は本書刊行時のものです。