版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
捻くれ者の生き抜き方 鈴木秀樹(著/文) - 日貿出版社
..

捻くれ者の生き抜き方

発行:日貿出版社
四六判
223ページ
定価 1,600円+税
ISBN
9784817060334
Cコード
C0075
一般 単行本 体育・スポーツ
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年10月
発売予定日
登録日
2020年9月18日
最終更新日
2020年10月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「マット界一面倒臭い」と呼ばれる男が、リングの上で実行し続けていること。常識という名の同調圧力と争うことで、唯一無二の自分の居場所を作り続ける考え方とはなにか。「プロレスを自分のためにやるのは難しい」と語る著者のプロレス論と人生論。面倒臭い時代を生き抜く知恵と勇気を求める人へ贈る。

目次

第一部 偏屈者のプロレス論 リングで生き抜くために/第二部 正直者の人生論 フリーで生き抜くために

著者プロフィール

鈴木秀樹  (スズキヒデキ)  (著/文

1980年2月28日生まれ、北海道北広島市出身。生まれつき右目が見えないというハンディを抱えていたが、小学生時代は柔道を学ぶ。中学時代にテレビで見ていたプロレス中継で武藤敬司に魅了され、プロレスの虜になる。専門学校卒業後、上京。東京・中野北郵便局に勤務。2004年よりU.W.F.スネークピットジャパンに通うようになり、恩師ビル・ロビンソンに出会う。キャッチ アズ キャッチ キャンを学び、2008年11月24日、アントニオ猪木率いるIGF愛知県体育館大会、金原弘光戦でデビュー。2014年よりフリーに転向。ゼロワンやレッスルワン、大日本プロレス、ノアなどを中心に活躍。191センチ、115キロ。 著書『ビル・ロビンソン伝 キャッチ アズ キャッチ キャン入門』(日貿出版社)

上記内容は本書刊行時のものです。