版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ラケットはつくれない、もうつくれない 戦時下、下町職人の記憶 青海 美砂(著) - 梨の木舎
.
詳細画像 0

ラケットはつくれない、もうつくれない 戦時下、下町職人の記憶

発行:梨の木舎
A5判
250ページ
並製
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-8166-1806-2
Cコード
C0091
一般 単行本 日本文学総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年11月15日
書店発売日
登録日
2018年10月25日
最終更新日
2019年3月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

戦争が起こり、ラケット作りの技術が人を殺すための道具作りに使われた・・・。
ラケット職人の家族、著者自身の両親と兄が体験した戦時下と戦後の物語。

目次

1 町工場街の子どもたち《1936年(昭和11年)小学校入学》
2 ラケット工場
3 国家総動員法《1937-40(昭和12-5年)小学校2-5年》
4 足で泣く
5 土足の泥
6 留守を守る
7 知人たちの出征《1941年(昭和16年)小学校6年生》《1942年-43年(昭和17年-18年)中学校入学-2年生》
8 我が家で勤労動員《1944年(昭和19年)中等学校3年生》
9 大空襲《1945年(昭和20年)3月 中等学校3-4年生》
10 父さんのふるさと《1945年-47年(昭和20年-22年)中等学校4年生-5年生、卒業》
11 再会《2015年(平成27年)85歳》
あとがき
この本を手にとってくださったあなたへ きどのりこ

前書きなど

この物語の舞台になった東京荒川区尾久町は小さな町工場がたくさん並び、職人たちの町として栄えていました。
それが国家総動員法(1938年)により、軍から命令された軍需品を作るように変わりました。(著者あとがきより)

著者プロフィール

青海 美砂  (アオミ ミサ)  (

東京都出身。荒川区で生まれ、戦災で家が焼かれたため、愛知県へ移住。
幼少期の10年間過ごし、状況。現在にいたる。
日本児童文学者協会会員。ひまわり時計同人、季節風同人会員。
「足で泣く」第15回日本文学者協会・長編児童文学新人賞佳作受賞(本書は「足で泣く」を改稿したものです)

五十嵐 志朗  (イガラシ シロウ)  (

画歴 二科展入選 2003年~06年
上野の森美術館大賞展入賞 2006年
第一美術協会展入選
2013年 スポンサー賞
2014年 準会員佳作賞
2015年 青山熊治賞
2017年 東京都知事賞

上記内容は本書刊行時のものです。