版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
韓国人元BC級戦犯の訴え 李 鶴来(著) - 梨の木舎
.
教科書に書かれなかった戦争 64

韓国人元BC級戦犯の訴え 何のために、誰のために

発行:梨の木舎
B6判
縦190mm
254ページ
価格 1,700円+税
ISBN
978-4-8166-1603-7
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2016年4月
書店発売日
登録日
2016年5月30日
最終更新日
2019年3月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

戦犯って何だ?
22歳の若者は、シンガポールの独房で、死刑執行の恐怖と8か月向き合ったー
「日本人」として裁かれ、「外国人」として擁護体制から切り捨てられた不条理を問う!
91歳の著者は、今も日本政府に謝罪と補償を求め続ける。

目次

1 「死の鉄路」の捕虜監視員
2 捕虜監視員になるまで
3 敗戦、逆転する立場
4 死刑判決と"俎上生活"の八ヵ月
5 スガモ・プリズンというところ
6 タクシー会社設立と遺骨送還運動
7 条理を求め裁判を闘う
8 日本政府の対応を求め立法運動へ
あとがき

「何のために、誰のために」と問い続ける李鶴来さん 内海愛子

●新聞投稿より
●特定連合国裁判被拘禁者等に対する特別給付金の支給に関する法律案
●李鶴来・関連年譜
●主な参考文献
●本書を読むためのキーワード

前書きなど

【本文より】
私の頭のなかに常にあるのは、死んだ仲間、その中でも刑死者たちです。彼らは、死刑囚だった私と同じく、誰のために、何のために死ぬのか、苦悶の時を過ごしたはずです。・・・
故郷を離れ、日本軍の捕虜政策の末端を担わされ、日本の戦犯として責任を負わされて死んでいった仲間たちの無念を多少なりとも晴らすことは、生き残った私の責務なのです。
日本政府は立法を促す司法の見解を真摯に受け止め、立法措置を早急に講じるべきです。・・・
これは朝鮮人BC級戦犯者の私から、日本のみなさんへの問いかけです。

版元から一言

【News】
2016.09.01 週刊仏教タイムスにて紹介されました。
2016.06.22 毎日新聞夕刊にて紹介されました。

上記内容は本書刊行時のものです。