版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
イブン・バットゥータと境域への旅 家島 彦一(著) - 名古屋大学出版会
.

イブン・バットゥータと境域への旅 (イブンバットゥータトキョウイキヘノタビ) 『大旅行記』 をめぐる新研究 (ダイリョコウキヲメグルシンケンキュウ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
480ページ
上製
定価 5,800円+税
ISBN
978-4-8158-0861-7   COPY
ISBN 13
9784815808617   COPY
ISBN 10h
4-8158-0861-9   COPY
ISBN 10
4815808619   COPY
出版者記号
8158   COPY
Cコード
C3022  
3:専門 0:単行本 22:外国歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2017年2月1日
書店発売日
登録日
2017年1月6日
最終更新日
2017年2月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-04-02 読売新聞  朝刊
評者: 出口治明(ライフネット生命会長)
MORE
LESS

紹介

中国、インド、北方ユーラシア、アフリカなど、イスラーム世界の海・陸の 「境域」 情報を伝える 『大旅行記』 は、まさに記録史料の宝庫と呼ぶにふさわしい。なぜ巡礼を超えて未知なる驚異の領域へと踏み込んでいったのか。その足跡と写本を追って世界を旅し、完訳を成し遂げた碩学による新たな到達点。

目次

 第Ⅰ部 イブン・バットゥータ研究のために

 概 観

第1章 イブン・バットゥータの生涯とその時代
     はじめに
     1 家系・家族・生い立ち
     2 イスラーム世界の境域をめぐる旅とその目的
     3 旅の目的
     4 『大旅行記』 成立の事情
     5 編纂者のイブン・ジュザイイについて
     6 晩年のイブン・バットゥータ

第2章 『大旅行記』 の構成と諸写本
     はじめに
     1 構 成
     2 現存する 『大旅行記』 の諸写本の分類
     3 『大旅行記』 の諸写本
     結びに代えて

第3章 『大旅行記』 の真偽性をめぐる議論
     1 『大旅行記』 の研究
     2 史書に現れた 『大旅行記』 とその評価
     3 現代の研究者による 『大旅行記』 の真偽性をめぐる議論
     結びに代えて

第4章 紀行文学としてのメッカ巡礼記
     はじめに
     1 イブン・ジュバイルとイブン・バットゥータの旅
     2 マグリブ地方におけるリフラの意味
     3 リフラの時代区分
     結びに代えて

  第Ⅱ部 海の境域への旅 ―― イブン・バットゥータの見たインド洋海域世界

 概 観

第1章 インド洋海域世界の隆盛と中国船
     はじめに
     1 ジュンクとザウの語源
     2 イブン・バットゥータの中国旅行

第2章 マラッカ海峡の港市国家スムトラ・パサイ王国
     はじめに
     1 スムトラ・パサイ王国の外港サルハー
     2 スムトラ・パサイ王国のイスラーム化
     3 マリク・ザーヒルの統治とチェールマン・ペルマール伝承

第3章 イブン・バットゥータのマルディヴ諸島訪問
     はじめに
     1 マルディヴ諸島の地理的知識
     2 イスラーム改宗をめぐる問題
     3 女王ハディージャと王位継承問題

第4章 東アフリカ・スワヒリ世界の形成とクルワー王国
     はじめに
     1 東アフリカ海岸に沿ってクルワー王国への船旅
     2 文献史料に現れたサワーヒルとスワヒリ
     3 クルワー王国の隆盛とスファーラ金
     4 クルワーのスルタンたちによる王権の確立

第5章 アラビア海を結ぶ人の移動と交流
     はじめに
     1 クルワー王国のスルタンたちのメッカ巡礼
     2 ラスール朝のスルタン=マスウードによる二度のキルワ亡命
     3 『キルワ年代記』 とラスール朝記録史料との比較
     結びに代えて

  第Ⅲ部 陸の境域への旅 ―― ユーラシアとサハラ・スーダーン

 概 観

第1章 アナトリア世界のトルコ・イスラーム化
     はじめに
     1 トゥルキーヤの名称
     2 ビザンツ帝国の境域地帯に成立したテュルク系諸侯国
     3 アナトリア・アヒーについて

第2章 境域としてのドナウ・デルタとバーバー・サルトゥーク伝承
     はじめに
     1 境域で活動するスーフィー聖者たち
     2 サルトゥークの街、ババ・ダグ

第3章 ブルガール旅行はフィクションか
     はじめに
     1 キプチャク・ハーン国の北辺の町ブルガール
     2 S・ヤニセクの主張によるブルガール情報への疑問
     3 〈暗黒の地〉 に関するアブー・ハーミドの記録との比較

第4章 中央アジアとインドを結ぶヒンドゥー・クシュ越え交通ルート
     はじめに
     1 ヒンドゥー・クシュを越えてインダス河畔へ達するルート
     2 〈アズィーズ〉 と呼ばれる移住者たち
     3 トゥグルク朝スルタンの権威とアッバース朝カリフの神権性

第5章 サハラ砂漠を越えてのイスラーム・ネットワーク拡大
     はじめに
     1 スーダーン旅行の動機・目的は何か
     2 サハラ越えの長距離キャラバン・ルート
     3 マーッリー・タクルール王国の王都はどこか

おわりに

著者プロフィール

家島 彦一  (ヤジマ ヒコイチ)  (

1939年 東京に生まれる
1966年 慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程中退
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授,
早稲田大学教育学研究科特任教授などを経て
現 在 東京外国語大学名誉教授,文学博士(慶應義塾大学)
著 書 『イスラム世界の成立と国際商業』(岩波書店,1991年)
    『海が創る文明』(朝日新聞社,1993年)
    『イブン・バットゥータの世界大旅行』(平凡社,2003年)
    『海域から見た歴史』(名古屋大学出版会,2006年)
    『イブン・シュバイルとイブン・バットゥータ』(山川出版社,2013年)他
訳 書 イブン・バットゥータ『大旅行記』(イブン・ジュザイイ編,全8巻,平凡社,1996-2002年)
    匿名者,アブー・ザイド『中国とインドの諸情報1・2』(全2巻,平凡社,2007年)
    イブン・ファドラーン『ヴォルガ・ブルガール旅行記』(平凡社,2009年)
    ブズルク・ブン・シャフリヤール『インドの驚異譚』(全2巻,平凡社,2011年)
    イブン・シュバイル『メッカ巡礼記』(全3巻,平凡社,2016年)他

上記内容は本書刊行時のものです。