版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
痛みの9割がたちまち消える 10秒関節リセット 羽原 和則(著/文) - SBクリエイティブ
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4

痛みの9割がたちまち消える 10秒関節リセット

四六判
184ページ
定価 1,300円+税
ISBN
9784815605407
Cコード
C0034
一般 単行本 経営
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年2月6日
最終更新日
2020年5月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

体の痛み、なかなか治りませんよね。
マッサージやストレッチなど軽い方法から、
電流を流す、ブロック注射、鍼治療など本格的なものまで…。
薬を飲んだり、湿布を貼ったり、何をしても治らない方も多いでしょう。

それもそのはず。以上で挙げたほとんどが、痛みの原因を根本的に取り除いていないから。
気持ちよかったり、痛(イタ)気持ちいいことから、何だか効いているようにも思いますが、
心地よいのは施術を受けている間だけ。次の日には揉み返し、なんてことも…。

では、どうすれば痛みの根本を解消できるのか?
それは、関節の動きを元に戻す「関節リセット」。
「関節リセット」をすることなく、揉んだり伸ばしたりしても、
かえって痛みが増幅することも多いのです。

羽原氏は、この理論を発見した医師や理学療法士に従事し、
実際に患者さんに施して数々の痛みを解消してきました。
オリンピック体操金メダリスト、メジャーリーガーなど、体を酷使した人の治療も成功。
歩行困難だった力士を、次の場所で優勝させたこともあります。
理学療法士3000人の中から年間1名のみが選ばれる名誉ある賞「SJF賞」にも輝きました。
その実力と実績は折り紙付きです。

そんな羽原氏が、自宅などどこでも1人で、
10秒程度からできる痛み解消法を、本書では惜しみなく紹介。

長年、どこに行っても治らなかった痛みも、これで「さよなら」できるはず。
本書の方法を、ぜひ一度お試しください。

目次

【第1章】マッサージ、ストレッチ、カイロプラクティック…。どれも痛み止めにはなりません。
・マッサージや筋膜リリースが痛み止めにならない理由
・マッサージの効能は「気持ちよさ」だけ
・ストレッチはむしろ逆効果
・筋膜リリースは、マッサージと指圧をごちゃまぜにしたようなもの
・カイロプラクティックは、ボキボキ鳴らしているだけ
・脊髄損傷や血栓が飛ぶリスクも
・鍼灸にあるのは麻酔作用だけ
・これが、電流を流す施術の正体!
・指圧で解消できる痛みはもともと軽い?
・そもそも痛い時に筋トレってできるの…!?
・ヨガは体にかなり負担がかかっている

【第2章】痛みの真犯人の9割は「関節のズレ」である。
・画像で全く判断がつかない痛みも存在する
・目に見えない「第3の痛み」は離れたところで発生する
・「第3の痛み」は関節内の不具合に原因がある
・関節の引っかかりはレントゲンに映らない

【第3章】腰仙関節を制する者が痛みを制す。
・腰仙関節が数ミリずれただけで、体の至るところで痛みが発生する
・いつまでも続く痛みは「慢性炎症」ではなく関節機能障害
・「ぎっくり腰」。実はすぐ治せる!
・「重い物を持ち上げる」「年齢」。ぎっくり腰にはほぼ影響なし
・ひざに注射をすると、かえって悪化することも多い…
・ひざ痛が続くと腰痛を併発する
・他にもこんなにたくさん! 関節を正すことで治った症状の数々
・「神経からきている」といわれた症状も、関節の調整で改善した
・自律神経失調症やうつの症状が改善・消失することも

【第4章】いよいよ実践! 10秒関節リセット
・腰痛
・ひざの痛み
・股関節の痛み
・足首の痛み
・肩の痛み
・首の痛み
・背中の痛み
・目・耳の痛み
・頭痛

著者プロフィール

羽原 和則  (ハバラ カズノリ)  (著/文

理学療法士。1964年、大阪市生まれ。幼いころから野球少年で、高校ではひじ・ひざ・腰・足首の痛みに悩まされる。1986年、国立療養所近畿中央病院附属リハビリテーション学院に入学。関節痛治療における日本の権威の医師・博田氏と理学療法士・宇都宮氏に師事する。卒業後11年にわたり、大阪労災病院と国立大阪病院で勤務後、スポーツ選手の治療やトレーニングを行うスタジオを開設。オリンピック金メダリストの体操選手、メジャーリーガーなど多くのアスリートの治療にも成功。歩行困難だった力士を、次の場所で優勝させたこともある。理学療法士3000人の中から年間1名のみが選ばれる名誉ある賞「SJF賞」を、2019年に受賞。

上記内容は本書刊行時のものです。