版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
アメリカの名医が教える内臓脂肪が落ちる究極の食事 高脂質・低糖質食で、みるみる腹が凹む マーク・ハイマン(著/文) - SBクリエイティブ
..
詳細画像 0 詳細画像 1

アメリカの名医が教える内臓脂肪が落ちる究極の食事 高脂質・低糖質食で、みるみる腹が凹む

四六判
384ページ
定価 1,500円+税
ISBN
9784815604530
Cコード
C0030
一般 単行本 社会科学総記
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年4月2日
最終更新日
2020年6月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

脂っこいものをお腹いっぱい食べても腹が凹む
世界最先端の食事術!

「本書を手に取られた読者の方の中には最近おなか周りに脂肪がついて気になっていると
いう方もいらっしゃると思います。
そのような方の中には高脂質食を摂ることでおなか周りに余計に脂肪がつくのではない
かと考えられているかたもいると思いますが、まったくの誤解です」-―監訳者・金森重樹

世界一の肥満大国・アメリカの食生活を激変させた「脂肪を食べて脂肪を燃焼させる」
画期的な減量法・ついに日本上陸!

目次

まえがき 監訳者・金森重樹

序 著者・マーク・ハイマン

【PART1】
「脂質は肥満の原因」という幻想 │最先端医学が証明する肥満の真実

第1章 脂質は摂っても太らない

第2章 脂質の大誤解を解く

【PART2】
世界最先端の脂質の基礎知識 ――糖尿病、高血圧、がんを遠ざける

第3章 最新医学が導き出した、好きなだけ食べても太らない方法

第4章 内臓脂肪を劇的に減らす最高の脂質

第5章 糖質が肥満・病気をつくる

第6章 最新エビデンスが証明した 内臓脂肪を解消する油

第7章 肉を食べて、内臓脂肪を落とす

第8章 医者が教える太らない食べ物の正解

第9章 脂質がもたらす驚きの健康効果

【PART3】
内臓脂肪を最速で落とす食事21日間プログラム
――どんな人でも劇的に効果が出る

第10章 一生肥満にならない食べ方

第11章 ステージ1:内臓脂肪を燃やす基礎づくり

第12章 ステージ2:「内臓脂肪を落とす食事」実践編

第13章 ステージ3:「内臓脂肪がみるみる消える」移行プラン

著者プロフィール

マーク・ハイマン  (マークハイマン)  (著/文

医学博士。すべての人が生き生きした人生を送るべきであり、私たちには自力でそ んな人生を築く力があると提唱。医療の現状を変える機能性医学の力を活用し、 慢性病の根本原因の究明と解決に尽力。チームのメンバーと共に、誰もが心身を癒 やして社会的・経済的な回復力を改善できるように、個々の人々、組織、地域社会 を支援している。また同時に、現役の家庭医も務める。これまで9度にわたって 『ニューヨーク・タイムズ』紙のナンバーワン・ベストセラー作家となり、専門分野 で国際的に認められたリーダー、演説家、教育者、提唱者としても知られる。クリー ブランド・クリニックのプリツカー財団機能性医学委員長、クリーブランド・クリ ニック機能性医学センター所長、ウルトラウェルネス・センターの創設者兼ディレ クターでもあり、インスティテュート・フォー・ファンクショナル・メディスンの 理事長、ハフィントンポストの医学編集者を兼務。

金森 重樹  (カナモリ シゲキ)  (監修 | 翻訳

金森重樹(かなもり・しげき)

1970年生まれ。東大法学部卒業後、フリーター時代に1億円超の借金をつくる。 不動産会社に就職後、29歳で行政書士として脱サラ。現在は不動産、建築、介護事 業など年商100億円の企業グループオーナー、ビジネスプロデューサー。30代の ころから恒常的に体重が90キロ近くある肥満体型だったが、断糖高脂質食ダイエッ トを実践した結果、2カ月で58キロまで減量することに成功。現在はツイッターを 中心に、断糖高脂質食ダイエットの普及活動に取り組んでいる。 Twitter https://twitter.com/ShigekiKanamori

上記内容は本書刊行時のものです。