版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
2020年からの新しい学力 石川 一郎(著/文) - SBクリエイティブ
..
SB新書

2020年からの新しい学力

新書判
224ページ
定価 830円+税
ISBN
9784815602611
Cコード
C0237
一般 新書 教育
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年8月1日
最終更新日
2019年9月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

2020年の教育改革が
中間層の学力を破壊する!

2020年の大学入試制度改革の根底には、文科省による「知識の活用」を目指す大規模な教育改革が存在する。
しかし、新しい教育体制にすべての子どもがスムーズに対応できるとは限らない。
予想されるのが、これまで中間層にいる子どもたちが陥る学力危機である。
教育制度改革によって直面する問題とはなにか。
教育現場の実情を踏まえて、それにいかに対応していくべきかについて論じていく。

目次

序章 学力格差社会の到来
◎「テストで点数さえ取っていれば何とかなる…」の間違い
◎GMARCH合格を目指す中間層が下位層に転落する
◎エリートのための教育改革!?

第1章 2020年の教育制度改革の罠
◎「知識偏重」から「知識の活用」の結果、知識すら身につかない
◎教育現場の迷走とふりまわされる子どもたち
◎アクティブラーニングはゆとり教育への逆戻り

第2章 あなたの子どもは教科書が読めますか
◎全国2万5000人の基礎読解力調査の結果
◎3人に1人が問題文を理解できていない
◎AIに仕事を奪われる子ども、奪われない子ども

第3章 学校選びが命とりに――こんな学校に預けてはいけない
◎経済格差だけではない情報格差から生まれる学力格差
◎子どもを伸ばす教師とダメにする教師
◎大事なのは学歴ではなく学習歴

第4章 子どもの学力を伸ばすには
◎もっとも必要となるのは自分軸
◎「読解力」、「数式力」、「共感・共鳴・共振力」という3つの資質
◎学力を伸ばすカギとなる対話力は量より質
◎英語・プログラミングに必要なのは目的意識

第5章 2035年の未来から子どもの教育を考える
◎10年後に残る仕事とそのために必要な学力
◎教育改革を阻むのは、保護者であるあなた自身
◎グローバルな社会で活躍できる人材の条件

著者プロフィール

石川 一郎  (イシカワ イチロウ)  (著/文

「香里ヌヴェール学院」学院長、「アサンプション国際小・中・高等学校」教育監修顧問。「21世紀型教育機構」理事。1962年東京都出身、暁星学園 に小学校4年生から9年間学び、85年早稲田大学教育学部社会科地理歴史専修卒業。暁星国際学園、ロサンゼルスインターナショナルスクールなどで教鞭を執る。前かえつ有明中・高等学校校長。「21世紀型教育」を研究、教師の研究組織「21世紀型教育を創る会」を立ち上げ幹事を務めた。著書に『2020年の大学入試問題』(講談社現代新書)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。