版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
文系のための統計学の教室 涌井 良幸(著/文) - SBクリエイティブ
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4

文系のための統計学の教室

自然科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
320ページ
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-8156-0153-9   COPY
ISBN 13
9784815601539   COPY
ISBN 10h
4-8156-0153-4   COPY
ISBN 10
4815601534   COPY
出版者記号
8156   COPY
Cコード
C0055
一般 単行本 電子通信
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年12月18日
最終更新日
2020年8月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

【ーーー突然ですが、次のクイズにチャレンジしてみてくださいーーー】

●次の2枚の宝くじ、どちらが当たりやすい?
(1)11111111111 (2)23968754148

●5回続けて表が出たコイン。6回目はどちらが出やすい?
(1)表 (2)裏

●平均水深「10cm」の河原で大人が溺死したらしい。・・・いったいなぜ?

●内閣支持率が新聞社ごとに異なるのは、どうして?

*答は本書p.288を立ち読みしてみてください。


【ーーーデータに溢れる社会を生き抜く、最強の教養ーーー】

WEBメディアの記事、商品の広告、テレビや新聞、ネットで報道される天気予報、株価の変動、
内閣支持率などの世論調査、街角インタビュー、自殺率や失業率などの社会調査・・・。

現代を生きる私たちは、もはや統計学から生み出されたデータなしに、生活することはできません。
統計学の教養があれば、数字やウソに惑わされることがなくなります。

・ニュースの数字が正しく読める
・企業が出す広告やリサーチの結果に惑わされない
・ビジネス現場でデータを読み間違えて恥をかかなくなる


【ーーー中学数学からはじめて、仕事に使えるようになる!ーーー】

「統計は役に立つってよく聞くけど、文系の私には中学数学しか分からないし…」

大丈夫。本書はそんな悩みに応える、まったく新しい統計学の入門書です。
「統計学ってそもそも何?」からスタートし、推定や回帰分析など実用統計学を使いこなせるようになります。
数学が苦手だった方にも、豊富な図解とクイズ、イラストで楽しく学べる工夫が満載です!


【ーーー最強の学問を身につけて、現代社会にあふれるデータを"宝の山"に変えよう!ーーー】

目次

ホームルーム Prologue ~統計学を学ぶ前に
§0-1 統計学とはそもそも何なのか
§0-2 日常生活は統計だらけ
§0-3 仕事の多くは統計学
§0-4 統計学を学ぶと世界が変わる、人生が変わる
§0-5 あなたは統計をとる人、それとも、見る人
§0-6 難しい計算はコンピュータにまかせてしまう
§0-7 あなたの統計センスはどのくらい

1時間目 昔ながらの統計学 ~記述統計学
§1-1 生データこそが統計学の命
§1-2 データは実にいろいろ
§1-3 資料は表にまとめる
§1-4 表のグラフ化
§1-5 いろいろなグラフ
§1-6 分布の特徴を数値で表す
§1-7 クラスの平均点はまさしく平均値
§1-8 分布のど真ん中がまさしく中央値
§1-9 最も多いデータが最頻値
§1-10 平均値・中央値・モードとグラフ
§1-11 分布の広がり具合を数値で表す
§1-12 統計学で最重要な分散
§1-13 分散の分身「標準偏差」
§1-14 標準化で同一規格
§1-15 あの偏差値も標準化なのだ
§1-16 人生の標準偏差・偏差値を求める

2時間目 確率の考え ~推測統計学をささえる道具
§2-1 推測統計学は確率がベース
§2-2 ランダムな世界を見てみよう
§2-3 実感できる統計的確率
§2-4 頭で考える数学的確率
§2-5 確率変数というものに慣れておこう
§2-6 相対度数から確率分布へ
§2-7 確率変数の平均値、分散、標準偏差とは
§2-8 正規分布は確率分布の女王
§2-9 無作為抽出が推測統計学の命
§2-10 もどすかorもどさないか
§2-11 母集団と標本分布
§2-12 標本平均の分布は正規分布

3時間目 統計的推定 ~一を聞いて十を知る
§3-1 統計的推定とは何か
§3-2 ズバリ一つの数値で言い当てる
§3-3 幅をもたせて言い当てる
§3-4 推定の公式を導いてみよう
§3-5 信頼度の意味を正しく理解しよう
§3-6 推定量には不偏性が欲しい
§3-7 変数だけど自由に変化できない
§3-8 100人のお小遣いから全体を推定
§3-9 たった10人の身長から全体の身長を推定
§3-10 内閣の支持率を区間推定
§3-11 禁断の推定ごっこ

4時間目 統計的検定 ~仮説に異を唱える
§4-1 統計的検定とは何か
§4-2 仮説のゴミ箱が棄却域
§4-3 うっかりミスとぼんやりミス
§4-4 検定の手順は機械的
§4-5 100人の身長をもとに母平均の検定
§4-6 10人のネット利用時間をもとに母平均の検定
§4-7 100人の喫煙率をもとに母比率の検定
§4-8 禁断の検定ごっこ

5時間目 データの関係を見つけ出す相関分析 ~2つの事柄の親密度が見えてくる
§5-1 2つの変量の関係を視覚化
§5-2 2つの変量の相関関係を正負で判断
§5-3 相関の度合いを-1以上1以下で表す
§5-4 2つの変量の関係を表で視覚化

6時間目 複数の資料から他の資料を予測する回帰分析 ~ビジネスには欠かせない
§6-1 宣伝費から売上高を予測する
§6-2 予測の精度は
§6-3 宣伝費と営業マンの数から売上高を予測する
§6-4 オーナー気分でチェーン店を分析

7時間目 ベイズ統計学 ~「2度あることは3度ある」この考えを認めてあげる統計学
§7-1 確率を柔軟に考えよう
§7-2 確率で使われる記号と用語
§7-3 大昔の牧師が考えたスゴイ定理
§7-4 経験で確率がゴロゴロ変わる
§7-5 ベイズ統計の身近な応用

付録
<Appendix1> ホームルームの統計クイズの解答
<Appendix2> LINEST関数の使い方
<Appendix3> いろいろな確率分布
<Appendix4> 順列と組み合わせ
<Appendix5> 試行の独立
<Appendix6> 中心極限定理を実感しよう
<Appendix7> §7-4のコインの確率計算
<Appendix8> 〔遊び〕の解答(一部)

索引

著者プロフィール

涌井 良幸  (ワクイ ヨシユキ)  (著/文

涌井良幸(わくいよしゆき)
1950年、東京生まれ。東京教育大学(現・筑波大学)理学部数学科を卒業後、教職に就く。現在、高校の数学教師を務めるかたわら、コンピュータを活用した教育法や統計学の研究を行っている。おもな著書(共著)に『道具としてのフーリエ解析』『道具としてのベイズ統計』(日本実業出版社)、『数的センスを磨く超速算術』(実務教育出版)、『身のまわりのモノの技術』(中経出版)などがある。

涌井 貞美  (ワクイ サダミ)  (著/文

涌井貞美(わくいさだみ)
1952年、東京生まれ。東京大学理学系研究科修士課程修了後、富士通に就職。その後、神奈川県立高等学校教員を経て、サイエンスライターとして独立。書籍や雑誌の執筆を中心に活動している。

上記内容は本書刊行時のものです。