版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
骨と骨をつなぐ要点に、効果的アプローチ!【靭帯療法】 中山隆嗣(著/文) - BABジャパン
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3

骨と骨をつなぐ要点に、効果的アプローチ!【靭帯療法】 「快」の意識で骨格矯正、可動域拡張

発行:BABジャパン
四六判
240ページ
定価 1,500円+税
ISBN
9784814202959
Cコード
C2077
実用 単行本 家事
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年6月23日
書店発売日
登録日
2020年5月1日
最終更新日
2020年6月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

誰も言わなかった「靭帯」の大切さ。
それは骨格と筋肉を整えるための要所だった!

無理な圧力を加えることなく、靭帯を適度に伸ばして動かす繊細なテクニックで、身体の動きを最大限に引き出します。スポーツ、ダンス等あらゆる身体動作が向上します。全身の関節に存在する“動きの要”に着目した今までにない手技です。


CONTENTS

●はじめに 誰も言わなかった「靭帯」の重要性

●第1章 運動と正常な靭帯
もし、骨がなければ?
身体への負荷を支える「靭帯」
「靭帯」の少しの不調も大きなストレスになる
「靭帯」改善で、運動器系のトラブルに対処
身体という器を整える骨格調整

●第2章 筋肉・骨格と靭帯の関係
様々な形状の骨
それぞれの骨の役割を理解する
骨を動かす筋肉
筋肉の理解と身体の動き
関節の状態で動きが決まる
骨格調整に欠かせない「靭帯」の意識
関節の面と軸を意識する
「靭帯」の調整で瞬時に好転することも

●第3章 骨格の問題点の見つけ方
1.全身の状態を把握する
2.足首の「靭帯」を確認する
3.膝関節(しつかんせつ)の可動域を確認する
4.股関節の状態を下肢の操作で確認する
5.骨盤の状態を仙腸関節(せんちょうかんせつ)でチェックする
6.腰部に問題がないかを調べる
7.ゴルフ肘・テニス肘のチェック
8.肩関節のズレの確認
9.頸椎周りの「靭帯」・筋肉の状態をチェックする

●第4章 下肢を整える
身体を支える足関節・膝関節・股関節
1.足の衝撃緩和力をアップさせる《曲蹠(きょくせき)》
2.外反母趾を改善する《延節(えんせつ)》
3.体重を支える足関節を整える《月裾(げっきょ)》
4.脛骨(けいこつ)と腓骨(ひこつ)をスムーズに機能させる《波返(なみがえ)し》
5.膝蓋骨(しつがいこつ)の動きを正常にする《転皿(てんみょう)》
6.下肢と全身の動きの要、膝関節を整える《曲膝(まがりひざ)》
7.股関節の動きを正常にする《矢車(やぐるま)》

●第5章 骨盤を整える
身体の動きを決定する骨盤
1.骨盤の前方変位を正す《甕銜(みかぐつわ)》
2.骨盤の後方変位を正す《腰落(こしお)とし》
3.骨盤の上方変位を正す《腰下(こしくだし)》
4.骨盤の下方変位を正す《夢見鳥(ゆめみどり)》
5.恥骨結合の変位を正す《腰の転(こしのまろばし)》

●第6章 背部を整える
身体を支え、中枢神経を護る脊椎…
1.脊椎の歪みを整える《延柱(えんちゅう)》
2.椎骨のズレを戻す《舎交(しゃこう)》
3.肋骨を動かして胸郭を整える《胴骨開(どうぼねびら)き》
4.背部の強い張りを取り除く《空蝉(うつせみ)》
5.脊椎の可動域をアップする《捻柱(ひねりばしら)》

●第7章 首・肩を整える
身体の最重要部位、頭部を支える首
1.鎖骨を開く《打懸(うちかけ)》
2.肩甲骨の可動域を広げる《羽衣(はごろも)》
…他

目次

CONTENTS

●はじめに 誰も言わなかった「靭帯」の重要性

●第1章 運動と正常な靭帯
もし、骨がなければ?
身体への負荷を支える「靭帯」
「靭帯」の少しの不調も大きなストレスになる
「靭帯」改善で、運動器系のトラブルに対処
身体という器を整える骨格調整

●第2章 筋肉・骨格と靭帯の関係
様々な形状の骨
それぞれの骨の役割を理解する
骨を動かす筋肉
筋肉の理解と身体の動き
関節の状態で動きが決まる
骨格調整に欠かせない「靭帯」の意識
関節の面と軸を意識する
「靭帯」の調整で瞬時に好転することも

●第3章 骨格の問題点の見つけ方
1.全身の状態を把握する
2.足首の「靭帯」を確認する
3.膝関節(しつかんせつ)の可動域を確認する
4.股関節の状態を下肢の操作で確認する
5.骨盤の状態を仙腸関節(せんちょうかんせつ)でチェックする
6.腰部に問題がないかを調べる
7.ゴルフ肘・テニス肘のチェック
8.肩関節のズレの確認
9.頸椎周りの「靭帯」・筋肉の状態をチェックする

●第4章 下肢を整える
身体を支える足関節・膝関節・股関節
1.足の衝撃緩和力をアップさせる《曲蹠(きょくせき)》
2.外反母趾を改善する《延節(えんせつ)》
3.体重を支える足関節を整える《月裾(げっきょ)》
4.脛骨(けいこつ)と腓骨(ひこつ)をスムーズに機能させる《波返(なみがえ)し》
5.膝蓋骨(しつがいこつ)の動きを正常にする《転皿(てんみょう)》
6.下肢と全身の動きの要、膝関節を整える《曲膝(まがりひざ)》
7.股関節の動きを正常にする《矢車(やぐるま)》

●第5章 骨盤を整える
身体の動きを決定する骨盤
1.骨盤の前方変位を正す《甕銜(みかぐつわ)》
2.骨盤の後方変位を正す《腰落(こしお)とし》
3.骨盤の上方変位を正す《腰下(こしくだし)》
4.骨盤の下方変位を正す《夢見鳥(ゆめみどり)》
5.恥骨結合の変位を正す《腰の転(こしのまろばし)》

●第6章 背部を整える
身体を支え、中枢神経を護る脊椎…
1.脊椎の歪みを整える《延柱(えんちゅう)》
2.椎骨のズレを戻す《舎交(しゃこう)》
3.肋骨を動かして胸郭を整える《胴骨開(どうぼねびら)き》
4.背部の強い張りを取り除く《空蝉(うつせみ)》
5.脊椎の可動域をアップする《捻柱(ひねりばしら)》

●第7章 首・肩を整える
身体の最重要部位、頭部を支える首
1.鎖骨を開く《打懸(うちかけ)》
2.肩甲骨の可動域を広げる《羽衣(はごろも)》
3.肩の動きを向上させる《風車(かざぐるま)》
4.頸椎を動かし、首・肩・頭部の不快感を取る《梵鐘(ぼんしょう)》

●第8章 上肢を整える
人としての器用な動き
1.肘関節の動きを正常にする《手肱(しゅこう)》
2.橈骨と尺骨にアプローチする《縒肱(さこう)》
3.手首の動きの質を高める《蓮華掌(れんげしょう)》
4.指の動きをスムーズにする《滑指(かっし)》

●おわりに 療術界は「技術力」で差が付く

◎巻末資料……全身の骨格筋/全身の骨格(前面・後面)

著者プロフィール

中山隆嗣  (ナカヤマタカツグ)  (著/文

著者◎中山 隆嗣 なかやま たかつぐ
1956生まれ。快整体術・研究所所長、日本プロ整体療術師協会会長。中学3年生から生理解剖医学に立脚する千唐流空手道、宗家に入門。並行して武術活法を研究。のち、「快」を意識した独自の整体術を創始。著書に『プロの整体術・伝授!(全3巻)』『整体術の手の内』『体のツボドリル』(BABジャパン)、『身体の力を取り戻す 奇跡の整体』(青春出版社)など多数。
快整体術・研究所
https://www.kai-seitai.com/
活殺自在塾
http://www.kassatsu.jp/004kaisei.html

上記内容は本書刊行時のものです。