版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
触れるだけでカラダの奥が動き出す! 平直行(著/文) - BABジャパン
..

触れるだけでカラダの奥が動き出す! 皮絡調整術と無意識領域の運動 サムライメソッドやわらぎ

発行:BABジャパン
四六判
200ページ
定価 1,400円+税
ISBN
9784814202041
Cコード
C2075
実用 単行本 体育・スポーツ
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年3月13日
最終更新日
2019年5月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

触覚刺激だけ!
0秒で起きるカラダの奇跡!!

皮膚刺激によって、固まっていたカラダの奥底を動くようにする、平直行の新メソッド! 人の運動には、“意識的指令”の他に“無意識的指令”があり、後者は現代人の多くが眠らせてしまっている。そしてそれによって本来動くはずの身体部位も固まってしまっている。本書のメソッドは筋力アップでも、より良い動きを覚えていく事でもない、ただの覚醒。だから0秒で体が変わる!


CONTENTS
 
序 章 第2の司令塔
  1 新しい身体理論の発見
  2 格闘技時代の間違った努力
  3 皮膚は第2の情報器官
  4 〝もう1つの指令〟を働かせると体が簡単に変わる
 
第1章 人の動きは2つの指令により行なう
  1 意識と無意識の動きは、陰陽の関係
  2 無意識の動きは地球と繋がる司令塔
  3 無意識的運動が正常に機能しない事で起こる問題
  4 危険と身体の可能性
 
第2章 無意識的運動の発見への過程
  1 出会いとご縁
  2 呼吸は意識と無意識を繋ぐ
  3 無意識の呼吸を拡大する運動
  4 指先は体の水先案内人
  5 動きを向上させるテーピング
 
  第3章 無意識的運動の引き出し方
  1 無意識的運動を引き出す条件
  2 生命と地球の関係
  3 歩くという運動の間違い
  4 人工芝の発見
 
第4章 無意識的運動でストレッチを向上させる
  1 暗闇で稽古を行なうもう1つの理由
  2 開脚ストレッチを無意識的運動で向上させる
  3 腰痛と肩凝りに効果が高いストレッチ
  4 ストレッチとマッサージへの応用
 
第5章 無意識的運動による力の拡大
  1 グレイシー柔術と柳生心眼流からの気付き
  2 体の動きを集約すれば前後と左右そして捻転
  3 無意識的運動で力を強くする6方向の運動
  4 1人で行なう6方向の運動
  5 空手と引き手

  第6章 手指の動きによる無意識的運動
  1 腕の動きは手指によって決まる
  2 手捕り
  3 活殺は手捕りから始まる
  4 ビー玉を使って手指を覚醒する
  5 格闘技と武術の原理で体を強靭に変える
 
第7章 さらに向上させる鍵 そして東洋の身体論
  1 顕在意識は潜在意識と繋がる
  2 食に関する実験
  3 ビクトル古賀先生
  4 キックボクシングとムエタイ
  5 スポンジを使った無意識的運動術
  6 武術を現代に活かす

目次

序 章 第2の司令塔
  1 新しい身体理論の発見
  2 格闘技時代の間違った努力
  3 皮膚は第2の情報器官
  4 〝もう1つの指令〟を働かせると体が簡単に変わる
 
第1章 人の動きは2つの指令により行なう
  1 意識と無意識の動きは、陰陽の関係
  2 無意識の動きは地球と繋がる司令塔
  3 無意識的運動が正常に機能しない事で起こる問題
  4 危険と身体の可能性
 
第2章 無意識的運動の発見への過程
  1 出会いとご縁
  2 呼吸は意識と無意識を繋ぐ
  3 無意識の呼吸を拡大する運動
  4 指先は体の水先案内人
  5 動きを向上させるテーピング
 
  第3章 無意識的運動の引き出し方
  1 無意識的運動を引き出す条件
  2 生命と地球の関係
  3 歩くという運動の間違い
  4 人工芝の発見
 
第4章 無意識的運動でストレッチを向上させる
  1 暗闇で稽古を行なうもう1つの理由
  2 開脚ストレッチを無意識的運動で向上させる
  3 腰痛と肩凝りに効果が高いストレッチ
  4 ストレッチとマッサージへの応用
 
第5章 無意識的運動による力の拡大
  1 グレイシー柔術と柳生心眼流からの気付き
  2 体の動きを集約すれば前後と左右そして捻転
  3 無意識的運動で力を強くする6方向の運動
  4 1人で行なう6方向の運動
  5 空手と引き手

  第6章 手指の動きによる無意識的運動
  1 腕の動きは手指によって決まる
  2 手捕り
  3 活殺は手捕りから始まる
  4 ビー玉を使って手指を覚醒する
  5 格闘技と武術の原理で体を強靭に変える
 
第7章 さらに向上させる鍵 そして東洋の身体論
  1 顕在意識は潜在意識と繋がる
  2 食に関する実験
  3 ビクトル古賀先生
  4 キックボクシングとムエタイ
  5 スポンジを使った無意識的運動術
  6 武術を現代に活かす

上記内容は本書刊行時のものです。