版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ドイツ国民への講話 フィヒテ(著/文) - 京都大学学術出版会
..
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

ドイツ国民への講話 (ドイツコクミンヘノコウワ)

哲学・宗教
このエントリーをはてなブックマークに追加
46
縦194mm 横138mm 厚さ25mm
重さ 500g
418ページ
定価 4,400円+税
ISBN
978-4-8140-0501-7   COPY
ISBN 13
9784814005017   COPY
ISBN 10h
4-8140-0501-6   COPY
ISBN 10
4814005016   COPY
出版者記号
8140   COPY
Cコード
C1310  
1:教養 3:全集・双書 10:哲学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年12月25日
書店発売日
登録日
2023年10月13日
最終更新日
2024年2月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

フランス軍占領下で哲学者は何を国民に訴えたのか.本書は本体,偏狭なナショナリズムを煽るものではなかった.ナポレオンによる祖国の占領という政治的現実の中で,フィヒテはいかなる秩序の構築を目指したのだろうか.

目次

凡 例
各講話の要約
訳者からのメッセージ

前書き
「著作家としてのマキアヴェッリとその著作からの抜粋」 より
I この論文の結論から,
II マキアヴェッリの時代における出版と執箪の広範な自由について
III 祖国愛とその反対についての未発表の対話篇に付けられた前書きより

第一講話 これまでの経緯と全体の概観
第二講話 新しい教育の本質についての全般的な説明
第三講話 新しい教育についての叙述――前回の続き
第四講話 ドイツ人と他のゲルマン人を出自とする諸民族との主要な相違
第五講話 これまでに提示された相違点からの諸帰結
第六講話 歴史におけるドイツ人の基本的特徴について
第七講話 ある民族の根源性とドイツ的なものについてのより深い把握
第八講話 言葉のより高次の意味における民族とは何であり、祖国愛とは何であるのか
第九講話 現在のいかなる地点からドイツ人の新たな国民教育を始めるべきか
第十講話 ドイツ人の国民教育のより詳細な規定
第十一講話 この教育計画の実施は誰によってなされるのか
第十二講話 主要目的の実現までに私たちが自己を維持するための手段について
第十三講話 前回の考察の続き
第十四講話 全体の結び

解 題
索 引(人名・事項)

著者プロフィール

山脇 直司  (ヤマワキ ナオシ)  (監修 | 翻訳

東京大学名誉教授、博士(哲学)
1949年生まれ。ミュンヘン大学哲学部博士課程修了。東海大学文学部講師、上智大学文学部准教授を経て、1988年4月より東京大学教養学部准教授、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻教授、2013年3月同退職。2013年4月より星磋大学教授、2019年4月より2023年3月まで同学長。

栩木 憲一郎  (トチギ ケンイチロウ)  (翻訳

明治学院大学キリスト教研究所客員研究員、同大学教養教育センター特別ティーチング・アシスタント、千葉大学法政経学部非常勤講師。
1982年生まれ。2015年に千葉大学大学院人文社会科学研究科単位取得退学。博士(政治学)。
専門は政治思想史。

上記内容は本書刊行時のものです。