版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
石干見の文化誌 田和正孝(著/文) - 昭和堂
..

石干見の文化誌 遺産化する伝統漁法

発行:昭和堂
A5判
288ページ
定価 4,800円+税
ISBN
9784812218020
Cコード
C3039
専門 単行本 民族・風習
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年11月27日
最終更新日
2018年11月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

人類が獲得したきわめて古い漁法、石干見(いしひび)。この漁法の構造や利用・所有形態、これを有する地域文化、そして世界的に消えつつあるこの漁法の保全と活用という新たな活動を、総合的な見地から記述。日本と台湾を中心に調査・記録した貴重な資料的価値をもつ研究書。

目次

はじめに
■第Ⅰ部 日本の石干見
第一章 石干見研究の系譜
第二章 石干見研究の問題群:研究の可能性
第三章 石干見の呼称に関する覚え書き
第四章 島原半島の石干見(スクイ)漁業
第五章 開口型の石干見:その技術と漁業活動
■第Ⅱ部 台湾の石滬
第六章 台湾における石滬研究史
第七章 一九一〇年代の台湾本島における石滬漁業
第八章 澎湖列島北部における石滬の利用と所有:
一九一〇年代の漁業権免許申請資料の分析を通じて
■第Ⅲ部 新たな石干見研究に向けて
第九章 大西洋沿岸域における石干見研究の現在
第十章 石干見の文化誌:さらなる可能性を求めて
おわりに

著者プロフィール

田和正孝  (タワマサタカ)  (著/文

関西学院大学文学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。