版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
環境危機と求められる地域農業構造 河原林 孝由基(著) - 筑波書房
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|新日本|全官報|地方小
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784811906287

環境危機と求められる地域農業構造

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:筑波書房
A5判
68ページ
価格 750円+税
ISBN
978-4-8119-0628-7   COPY
ISBN 13
9784811906287   COPY
ISBN 10h
4-8119-0628-4   COPY
ISBN 10
4811906284   COPY
出版者記号
8119   COPY
Cコード
C0061  
0:一般 0:単行本 61:農林業
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年7月4日
書店発売日
登録日
2022年6月2日
最終更新日
2022年7月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

環境危機に直面し、地域農業の姿はいかにあるべきか、その経営形態や農法はいかにあるべきか、これからの農村像をどう考えるのか、農業構造のあり方にさかのぼって議論する要性を提起するものである。本書が「持続可能な農業、持続可能な地域」を考える一助となれば幸いである。

目次

はじめに
第1章 持続可能な農業を考える
1.持続可能な農業をめぐる議論
2.「食農倫理学」へのいざない
3.食を通して見る景色
4.改めて持続可能な開発を考える
第2章 環境危機の時代に求められる地域農業構造
─ドイツ・ブランデンブルク州の農業構造モデルをめぐって─
はじめに
1.ドイツの農業構造とその変貌
2.ブランデンブルク州の農業構造
3.農業構造法をめざして
4.農業構造の目標設定と農業構造法の成立
おわりに
第3章 ドイツ農業の将来ビジョン
1.気象災害・生態系危機とドイツ農業の将来
2.農業将来委員会の提言の要点
3.農業将来委員会「ドイツ農業の将来ビジョン」
第4章 農家から専門的農業企業へ…それともその逆か
【要約
1950年代以降の農業分野の動向
農業部門の発展─批判的に検討する
行動の選択肢と相反する目標
なぜ「エコロジカル集約化」が新しいパラダイムか
世界の飢餓問題を考えると、ドイツの生態系の強化は正当化できるか
慣行農法と有機農業の間の「第三の道」─ハイブリッド農業
結論

著者プロフィール

河原林 孝由基  (カワラバヤシ タカユキ)  (

1963年 京都府京都市生まれ ㈱農林中金総合研究所主席研究員
北海道大学大学院農学院博士後期課程在籍中
主要著作:「ドイツ・バイエルン州にみる家族農業経営」村田武編『新自由主義グローバリズムと家族農業経営』筑波書房、2019年所収 『自然エネルギーと協同組合』(共編著)筑波書房、2017年、「原発災害による避難農家の再起と協同組合の役割─離農の悔しさをバネに「福島復興牧場」を建設へ─」協同組合研究誌「にじ」編集部企画『原発災害下での暮らしと仕事 生活・生業の取戻しの課題』筑波書房、2016年所収

村田 武  (ムラタ タケシ)  (

1942年 福岡県北九州市生まれ 金沢大学・九州大学名誉教授 博士(経済学)・博士(農学)近著:『水田農業の活性化をめざす─西南暖地からの提言─』(共著)筑波書房、2021年 『農民家族経営と「将来性のある農業」』筑波書房、2021年『家族農業は「合理的農業の担い手」たりうるか』筑波書房、2020年『新自由主義グローバリズムと家族農業経営』(編著)筑波書房、2019年筑波書房ブックレット 暮らしのなかの食と農  環境危機と求められる地域農業構造

上記内容は本書刊行時のものです。