版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
貧困緩和の処方箋 鈴木 宣弘(著) - 筑波書房
.

書店員向け情報

書店注文情報

在庫ステータス

不明

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|新日本|全官報|地方小
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784811906102
暮らしのなかの食と農 66

貧困緩和の処方箋 開発経済学の再考

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:筑波書房
A5判
47ページ
並製
価格 750円+税
ISBN
978-4-8119-0610-2   COPY
ISBN 13
9784811906102   COPY
ISBN 10h
4-8119-0610-1   COPY
ISBN 10
4811906101   COPY
出版者記号
8119   COPY
Cコード
C0061
一般 単行本 農林業
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年10月4日
発売予定日
登録日
2021年9月10日
最終更新日
2021年9月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「アジア諸国に対する日本の姿勢をRCEPをめぐる国会審議から考える」、「途上国農村の貧困緩和の処方箋は正しいか~「開発経済学」は誰のため?」、「共助組織・協同組合の役割」、「アジア、世界との共生に向けて」のテーマでアジアと日本の未来に向けて論じた。

目次


1 アジア諸国に対する日本の姿勢をRCEPをめぐる国会審議から考える
1)日本がASEANなどの「犠牲」の上に利益を得る「日本一人勝ち」構造
2)生産性向上効果が政府試算の調整弁
3)日本農業への影響は軽微という欺瞞
4)「影響がないように対策するから影響はない」
 ~生産量の減少がちょうど相殺されるように生産性が向上~
5)農業を犠牲にして自動車が利益を得る構造~自動車の一人勝ちと農業の一人負け
6)各国の市民・農民の猛反発から考える日本提案の意味
7)これ以上「加害者」になってはいけない
2 途上国農村の貧困緩和の処方箋は正しいか~「開発経済学」は誰のため?
1)2008年の食料危機で多くの指摘は外れた
2)買い叩きの力が見落とされていた
3)寡占が蔓延する中、寡占を無視する市場原理主義経済学
4)「トリクルダウン」という欺瞞
5)妥当な処方箋は
6)タイの政局混乱の背景にある都市・農村格差から考える
7)タイのコメ政策の再評価
8)寡占を考慮すれば市場に任せることで市場は歪む~示された「経済学の常識」の非常識
9)市場原理主義への反省の気運 ~「家族農業の10年」をめぐる動き
10)IMF・世銀のconditionality ~FAO骨抜きへの経緯
11)貿易自由化の徹底と途上国の食料増産は両立するか?
3 共助組織・協同組合の役割
1)フェア・トレード~農家への買い叩きと消費者への吊り上げ販売は改善されたか
2)協同組合が生産者・消費者双方の利益を高める
3)ここまでのまとめ
4 アジア、世界との共生に向けて
1)アジアの互恵的連携強化は可能か
2)現場を正確に把握し現場を説明できる理論とその数値化を
(付録)聴講者からのコメント(一部)

著者プロフィール

鈴木 宣弘  (スズキ ノブヒロ)  (

1958年三重県生まれ。1982年東京大学農学部卒業。農林水産省、九州大学教授を経て、2006年より東京大学教授。98~2010年(夏季)コーネル大学客員教授。2006~2014年学術会議連携会員。
専門は農業経済学、環境経済学、国際貿易論。
日韓、日チリ、日モンゴル、日中韓、日コロンビアFTA産官学共同研究会委員、食料・農業・農
村政策審議会委員(会長代理、企画部会長、畜産部会長、農業共済部会長)、財務省関税・外国為替等審議会委員、経済産業省産業構造審議会委員、JC総研所長、国際学会誌Agribusiness編集委員長を歴
任。NPO法人「農の未来ネット」理事長。『食の戦争』(文藝春秋、2013年)、『TPPで暮らしはどうなる?』(共著、岩波書店、2013年)、『悪夢の食卓』(角川書店、2016年)、『牛乳が食卓から消える? 酪農危機をチャンスに変える』(筑波書房、2016年)、『亡国の漁業権開放~協同組合と資源・地域・国境の崩壊』(筑波書房、2017年)等、『だれもが豊かに暮らせる社会を編み直す:「鍵」は無理しない農業にある』(共著、筑波書房、2020年)、『農業経済学 第5版』(共著、岩波書店、2020年)、『農業消滅~農政の失敗がまねく国家存亡の危機』(平凡社新書、2021年)等、著書多数。

上記内容は本書刊行時のものです。