版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
米食の変容と展望 青柳 斉(著) - 筑波書房
.

書店員向け情報

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|新日本|全官報|地方小
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

米食の変容と展望 2000年以降の消費分析から

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:筑波書房
A5判
156ページ
並製
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-8119-0590-7   COPY
ISBN 13
9784811905907   COPY
ISBN 10h
4-8119-0590-3   COPY
ISBN 10
4811905903   COPY
出版者記号
8119   COPY
Cコード
C3061
専門 単行本 農林業
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年3月1日
書店発売日
登録日
2021年1月28日
最終更新日
2021年3月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

2000年以降の主食用米消費の動向に関して、公表の統計資料に依拠し、米食の「減少」及び「中食化」の様相とその要因について、産業論的視点から分析。米の消費形態を分析対象の焦点とし、米(食)産業との関わりにおいて把握しようと試みている。

目次

まえがき
第1章 米食の減少要因と世代間の違い
1 はじめに
2 米食の減少と食料消費構造の変化
3 中高年世代で米食が激減
4 米食に対する小麦・肉類消費の影響
5 穀類消費の男女世代間の違い
6 米消費と競合関係にある食品
7 まとめ
第2章 米食の中食化と中食産業の成長
1 はじめに
2 業務用の主食米需要の推計
3 近年は米食の中食化が進展
4 中食産業の成長と業務用米需要の増大
5 米食の中食化はコンビニ・スーパーが先導
第3章 世代間で異なる主食的消費の中食化
1 はじめに
2 中高年世帯の中食で米食が急増
3 中高年世帯の内食は米食からパン食へ
4 主食的「中食」の多様化
5 若年世帯は外食で米食が増大
6 まとめ─米食の中食化は中高年世帯が主導─
第4章 単身世帯の米食の特徴
1 単身世帯では「食の外部化」が深化
2 「すし・和食」(外食)志向の大きさ
3 男性単身者世帯の「弁当」購入は減少
4 高齢者世帯の内食で米食が激減
5 まとめ
第5章 安くなれば米食は増えるか?
1 はじめに
2 米購入に対する価格変動の影響
(1)米の購入量と価格変動の関係─「家計調査」から─
(2)消費者の米購入の態度─農水省アンケート調査結果から─
3 米飯「中食」に対する米価変動の影響
(1)主食的調理食品の価格上昇と購入支出の動向
(2)米価上昇の米飯「中食」産業への影響
4 結論─安さで米消費は増えない─
第6章 収入水準で異なる主食的消費
1 はじめに
2 米とパンの収入規模別の購入量は正反対
3 弁当と調理パンの購入支出は収入規模に比例
4 収入規模で大きく異なる外食品目
5 おわりに─「中食化」のゆくえ─
補章 新型コロナウイルス渦の米食の変容
あとがき

著者プロフィール

青柳 斉  (アオヤギ ヒトシ)  (

1954年岩手県生まれ(本籍は山形県)、新潟大学農学部卒、京都大学大学院農
学研究科博士後期課程修了(農学博士)。新潟大学農学部、福島大学食農学類
設置準備室を経て、現在は(一社)農業開発研修センター客員研究員、福島
大学客員教授、新潟大学名誉教授。専門は農業経済学(米穀産業論、協同組
合論、中国農業論)。

上記内容は本書刊行時のものです。