版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
地域労働市場-農業構造論の展開 山崎 亮一(著) - 筑波書房
.
山崎亮一著作集 2

地域労働市場-農業構造論の展開

発行:筑波書房
A5判
346ページ
上製
価格 4,000円+税
ISBN
978-4-8119-0589-1
Cコード
C3061
専門 単行本 農林業
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年1月22日
発売予定日
登録日
2020年12月17日
最終更新日
2020年12月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「高度経済成長期以降の日本経済と農業・農政」、「土地利用型農業法人の地域性」などのテーマで地域特性などを論じている。

目次

第1部 高度経済成長期以降の日本経済と農業・農政
I 高度経済成長期以降における資本蓄積構造の展開と農業
1.課題
2.明治期から第2次大戦直後の時期に至る過程
3.高度経済成長と地域労働市場論の生
4.地域労働市場論の転回
5.日本国内の労働力給源の推移
6.ポスト地域労働市場論の日本経済と日本農業
7.総括と展望
II 資本制社会の「純粋化」傾向と農政・農業構造─高度経済成長期以降の日本を対象とした例証─
1.課題
2.藤塚理論の検討
3.高度経済成長期以降の日本における農業政策の展開
4.結論と展望
III 「新農業基本法」下の農業政策としてのバイオマス
1.課題
2.1999年「食料・農業・農村基本法」の基本性格
3.「食料・農業・農村基本法」におけるバイオマス
4.2000年「食料・農業・農村基本計画」におけるバイオマス
5.2002年7月「バイオマス・ニッポン総合戦略骨子
6.2002年12月「バイオマス・ニッポン総合戦略」
7.2005年「食料・農業・農村基本計画」におけるバイオマス
8.2006年「バイオマス・ニッポン総合戦略」改訂
9.2010年「食料・農業・農村基本計画」と「バイオマス活用推進基本計画」
10.バイオマスタウン東近江市の事例
結論
IV TPPと歴史の転換
1.課題
2.いくつかの概念規定
3.日本における原蓄の完了とTPP
4.原蓄期にあるベトナムとTPP
5.結論
第2部 20世紀末~21世紀初頭の地域労働市場と農業構造
V 地域労働市場構造の収斂化傾向について
1.課題
2.地域労働市場の概念
3.地域労働市場研究の論点開示
4.地域労働市場研究の展開
5.結論:地域労働市場構造の全国的概観
VI 日本農業の構造変動について
1.課題
2.「農業基本法」下の農業構造変動…
3.20世紀末農業構造変動
4.20世紀末農業構造変動と農業理論
5.展望
VII 農業の衰退と構造変動
1.課題
2.食料・農業・農村基本法の登場とその背景
3.日本農業の構造変動
4.日本農業衰退の要因
5.衰退の中で進む構造高度化
6.組織経営体の状況
7.結論
第3部 土地利用型農業法人の地域性
VIII 労賃水準から見た土地利用型農業生産法人の地域類型─北海道と東海の比較検討─
1.課題と方法
2.北海道の土地利用型法人経営
3.東海の土地利用型法人経営
4.結論
IX 北海道北竜町における土地利用型農業法人
1.問題意識と課題
2.調査地の概況
3.H農場の組織・経営の実態
4.R農場の組織・経営の実態
5.北海道の労働条件における農業法人の位置
6.結論
X 「近畿型地域労働市場」における農業生産の担い手像
1.「近畿型地域労働市場」と農業
2.農業の複雑労働
3.中核的な農業法人
4.衛星的な農業法人
第4部 書評と業績目録
XI 書評 安藤光義編著『日本農業の構造変動─2010年センサス分析』
XII 書評 細山隆夫著『農村構造と大規模水田作経営─北海道水田作の動き』
XIII 書評 堀口健治編『日本の労働市場開放の現況と課題─農業における外国人技能実習生の重み
XIV 書評 高畑裕樹著『農業における派遣労働力利用の成立条件─派遣労働力は農業を救うのか』
XV 研究業績一覧
山崎亮一著作集 第2巻 解題 友田滋夫

著者プロフィール

山崎 亮一  (ヤマザキ リョウイチ)  (

1957年北海道・札幌市出身。1978年北海道札幌南高等学校卒。1986年北海道大学大学院修了、
農林水産省入省。農業研究センターと国際農林水産業研究センター(JIRCAS)に勤務。
農林水産省在職中に、フランス政府給費留学生(1994-1995年)およびベトナム長期在外研究員(1996-1997年)。
1997年酪農学園大学農学部、助教授。2006年酪農学園大学農学部、教授。
酪農学園大学在職中にフランス開発農学研究国際協力センター(CIRAD)客員研究員(2003
-2004年)。
2009年東京農工大学大学院共生科学技術研究院(現農学研究院)、教授。2016-2017年農業問題研究学会代表幹事。
2020 -2021年農業問題研究学会編集委員長。

上記内容は本書刊行時のものです。