版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
家族農業は「合理的農業」の担い手たりうるか 村田武(著) - 筑波書房
.

家族農業は「合理的農業」の担い手たりうるか

発行:筑波書房
四六判
165ページ
並製
価格 1,500円+税
ISBN
978-4-8119-0576-1
Cコード
C3061
専門 単行本 農林業
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年6月30日
書店発売日
登録日
2020年5月28日
最終更新日
2020年6月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

家族労働が主な農作業を担う小規模農民経営は、マルクスのいう人間と自然との物質代謝に亀裂を生じさせない「合理的農業」の担い手になりうるのではないか、そのための農法転換が家族農業には可能でないかを論じた。

目次

はじめに
序 新自由主義グローバリズムの自然環境破壊
「農業の工業化」
Ⅰ 環境先進国ドイツの「気候変動対策」
ドイツでも大きな気象災害が多発
連邦政府の対策(1)「農業一括法案」
「昆虫保護行動計画」
連邦政府の対策(2)「農林業の気候変動対策」
〈10項目の対策〉
中小農民経営の利害を代表する農業団体AbLの意見
ユリア・クレックナー連邦農業相への要請
─【コラム】ドイツの小農民団体AbL(農民が主体の農業のための行動連盟)
外部コストを最小限にする─原因者に事後負担を負わせる
Ⅱ マルクスの「合理的農業」と現代の家族農業
マルクスが指摘した大規模な工業的農業による物質代謝の亀裂
エンゲルスが引き継いだ「小農民、あるいは結合された生産者たちの管理による合理的農業」論
カウツキーの「協同組合的あるいは自治体大経営」論
「社会主義国」における強制的農業集団化
現代の家族農業は「合理的農業」を担える
Ⅲ なぜ農民経営か
ミヒャエル・ベライテス「スイスモデルか、カザフスタンモデルか
─ザクセン州農村の発展をめざす農業政策についての「覚書─」
1 何が問題か
2 われわれはどこに立っているか─ザクセン州の農村の実態について
3 われわれはどこから来たのか─今日の諸問題の歴史的・政治的要因
4 われわれはどこに向かいたいのか(向かうべきか)─将来性のある農業の目標と優先すべきこと
5 どこに到着するか─エコロジー的農政にとっての挑戦とチャンス
6 論点と結論
Ⅳ 日本農業に求められるもの
あとがき

著者プロフィール

村田武  (ムラタ タケシ)  (

1942年 福岡県生まれ
金沢大学・九州大学名誉教授 博士(経済学)・博士(農学)
近著:『新自由主義グローバリズムと家族農業経営』(編著),
     筑波書房,2019年
   『現代ドイツの家族農業経営』筑波書房,2016年
   『日本農業の危機と再生─地域再生の希望は食とエネル
   ギーの産直に』かもがわ出版、2015年
   『食料主権のグランドデザイン』(編著)農文協,2011年

上記内容は本書刊行時のものです。