版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
フードバンクの多様性とサプライチェーンの進化 小林富雄(編著) - 筑波書房
.
日本農業市場学会研究叢書 19

フードバンクの多様性とサプライチェーンの進化 食品寄付の海外動向と日本における課題

発行:筑波書房
A5判
270ページ
並製
価格 3,000円+税
ISBN
978-4-8119-0557-0
Cコード
C3033
専門 単行本 経済・財政・統計
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年7月9日
発売予定日
登録日
2019年6月4日
最終更新日
2019年6月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

環境問題や貧困問題からのアプローチが多いフードバンクを、既存のサプライチェーンが抱えてきた過剰供給問題の解消、さらには希薄化する社会関係を保つ活動などを積極的に評価しながら、農産物市場論や流通論、マーケティング論等の方法論に依拠し、その発展可能性を議論することを目的としている。特に「多機能性への評価」、「運営資金」、「受給者満足と品揃え」以上の3点からのアプローチを念頭に置いている。

目次

序 章 フードバンクの位置づけと日本の現状
第1節 サプライチェーンにおけるフードバンクの存在意義
第2節 日本におけるフードバンクの課題
第3節 分析方法と本書の構成
第Ⅰ部 世界のフードバンクとその多様性
第1章 フードサプライチェーンにおける寄付行動─フードバンクの国際比較におけるフレームワーク─
第2章 フランス:フードバンク活動による食品ロス問題への対応と品揃え形成およびその政策的背景
第3章 韓国:フォーマルケアとしてのフードバンクの普及に関する分析─韓国社会福祉協議会の事例─
第1節 はじめに
第2節 研究の方法
第3節 調査結果
第4節 議論と結論
第4章 イギリス:フードバンク普及における大規模小売業者の役割
第5章 オーストラリア:産業化するフードバンクの分析─オーストラリアのケーススタディ─
第6章 香港:インフォーマルケアとしてのフードバンクの発展と多様化─活動の多様性と政策的新展開─
第7章 台湾:カルフールの取組と台中市地方条例制定への進展
第Ⅱ部 日本のフードバンクにおける現状と課題
第8章 寄付食品の栄養学的側面と栄養バランス向上における課題
第9章 行政との協働から自立へと進化するフードバンク山梨
第10章 フードバンク多文化みえにみる地方都市での活動成立要件
第11章 福岡県における物流からみたフードバンク運営と企業・行政 との関係性
第12章 フードバンク山口における分散型都市の連携課題
終 章 総括とフードバンクの課題
おわりに

著者プロフィール

小林富雄  (コバヤシ トミオ)  (編著

 愛知工業大学経営学部教授 博士(農学)、博士(経済学) 主な著書・論文:『改訂新版食品ロスの経済学』(農林統計出版,2018年)、『フードバンク─世界と日本の困窮者支援と食品ロス対策─』(共著、明石書店、 2018年)ほか

野見山敏雄  (ノミヤマ トシオ)  (編著

東京農工大学大学院農学研究院教授 博士(農学)
主な著書・論文:『加工・業務用青果物における生産と流通の展開と展望』(共編著、筑波書房、2017年)、『Research Approaches to Sustainable Biomass
Systems』(共著、Elsevier、2013年)『食料・農業市場研究の到達点と展望』(共
著、筑波書房、2013年)、『食料危機とアメリカ農業の選択』(共著、家の光協会、
2009年)、『食料・農産物の流通と市場』(共著、筑波書房、2003年)、『流通再
編と食料・農産物市場』、(共著、筑波書房,2000年)、『これからの農協産直
─その「一国二制度」的展開─』(共編著,家の光協会、2000年)、『産直商品
の使用価値と流通機構』(単著,日本経済評論社,1997年)

上記内容は本書刊行時のものです。