版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
農業における派遣労働力利用の成立条件 高畑裕樹(著) - 筑波書房
.

農業における派遣労働力利用の成立条件 派遣労働力は農業を救うのか

発行:筑波書房
A5判
104ページ
並製
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-8119-0550-1
Cコード
C3061
専門 単行本 農林業
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年3月15日
書店発売日
登録日
2019年2月19日
最終更新日
2019年3月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「農業における人材派遣の契約形態と法的規制」、「派遣労働者利用農家の特徴と選択要因」、「派遣労働者の特徴]、「人材派遣会社による農作業労働者の派遣対応」、「バッファ農家における派遣利用型農作業形態の形成論理と余剰派遣労働者の吸収」などのテーマで、農業派遣を行う上で障害となる問題をどのようにクリアしているのかを分析し、農業における派遣労働力利用の成立条件を明らかにした。

目次

序章 農業における派遣労働力研究の意義と課題
第1章 農業における人材派遣の契約形態と法的規制
第2章 派遣労働者利用農家の特徴と選択要因
第3章 派遣労働者の特徴
第4章 人材派遣会社による農作業労働者の派遣対応
第5章 バッファ農家における派遣利用型農作業形態の形成論理と余剰派遣労働者の吸収
終章 本書の考察と農業派遣における展望

著者プロフィール

高畑裕樹  (タカハタヒロキ)  (

1984年岩手県盛岡市に生まれる。2011年北海道大学大学院農学院
修士課程を修了、2017年同大学大学院農学院博士後期課程修了。
博士(農学)。その後、北海道大学大学院農学研究院専門研究員、
酪農学園大学非常勤講師を経て、現在富士大学経済学部経済学科
に講師として所属。

上記内容は本書刊行時のものです。