版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
自然保護教育論 阿部 治(監修) - 筑波書房
.
持続可能な社会のための環境教育シリーズ 2

自然保護教育論

発行:筑波書房
A5判
175ページ
並製
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-8119-0331-6
Cコード
C3037
専門 単行本 教育
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2008年8月
書店発売日
登録日
2012年10月1日
最終更新日
2012年10月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

『自然保護教育の歴史と展開』、『自然保護運動と地域の学び』、『自然保護教育の到達点』、『自然保護教育の展望』のテーマで自然保護教育を論じた。

目次

はじめに
第1章 自然保護教育の歴史と展開
1 はじめに
2 下泉重吉の自然保護教育
3 中西悟堂と日本野鳥の会
4 金田平・柴田敏隆と三浦半島自然保護の会
5 東京教育大野外研究同好会(野外研)と会員たち
6 「自然観察会」の取り組み
7 自然保護教育のさまざまな取り組み
第2章 自然保護運動と地域の学び
第1節 「多摩川の自然を守る会」の活動に見る自然保護教育の成果
1 多摩川の自然を守る会
2 環境パートナーシップの構築
3 パートナーシップから環境ガバナンスへ
 第2節 川辺川ダム問題における住民運動と環境学習の展開
─住民討論集会を中心に─
1 はじめに
2 川辺川ダム問題における住民運動
3 「住民討論集会」の展開過程
4 住民討論集会における環境学習
5 「熊本型民主主義」の成立
 第3節 千葉の干潟を守る会・大浜清の軌跡
1 はじめに
2 個人史研究の方法論について
3 大浜清の個人史
4 大浜「なぜ」自然保護運動に関わっていったのか
 第4節 高尾の自然保護運動
1 はじめに
2 運動の歴史的変遷
3 住民による自然保護の取り組み
4 圏央道建設と今後の自然保護運動の課題
5 自己教育運動としての高尾の自然保護運動
─コラム トトロの森、狭山丘陵の自然保護
第3章 自然保護教育の到達点
第1節 1970年代から80年代にかけての自然保護教育の方法論的模索
     ─日本ナチュラリスト協会の実践史より─
1 問題設定と方法……103
2 自然保護教育実践としてのナチュラリスト運動
3 自然保護教育の方法論をめぐる日本ナチュラリスト協会の実践
4 1970年代から80年代にかけての自然保護教育の方法論的特徴
5 社会教育・生涯学習実践としての1970年代から80年代の自然保護教育の到達点
第2節 環境教育としての自然観察会の再評価
1 自然観察会の成立過程と環境教育への志向性
2 「自然観察会」の野外活動と自然保護ゼミ
3 「しのばず自然観察会」の到達点
4 金田平と自然観察指導員養成理念の到達点
第4章 自然保護教育の展望
第1節 自然保護教育の視点
1 はじめに
2 今日の自然保護をとりまく状況
3 自然の持続可能な利用とは何か
4 東京教育大学野外研究同好会
5 日本自然保護協会の自然観察会
6 日本生物教育学会における自然保護教育
7 結論
8 おわりに
第2節 自然保護教育の展望
1 自然保護教育における観察と行為
2 自然保護運動に内在する教育力
3 自然保護教育と〈ローカルな知〉の可能性

著者プロフィール

阿部 治  (アベ オサム)  (監修

立教大学社会学部・大学院異文化コミュニケーション研究科教授。現在持続可能な開発のための教育(ESDE)の国連の1年を通じたアションリサーチに従事。

朝岡 幸彦  (アサオカ ユキヒコ)  (監修

東京農工大学大学院准教授、日本環境教育学会事務局長、博士(教育学)。食育・食農教育論、社会教育学。

小川 潔  (オガワ キヨシ)  (編著

東京学芸大学准教授。しのばず自然観察会代表幹事。博士(農学)。タンポポを中心とした外来種問題、地域環境教育。

伊藤 静一  (イトウ セイイチ)  (編著

福生市民会館・公民館長。公民館事業として、身近な自然環境の中で、自然観察・自然体験活動などを企画実践してきた。

又井 裕子  (マタイ ヒロコ)  (編著

東京農工大学大学院博士後期過程。指導者の自己教育過程についての研究、環境教育学、社会教育学。

上記内容は本書刊行時のものです。