版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ヨルダン川西岸(3部作)[DVD]ライブラリー版 土井 敏邦(監督・撮影・編集) - 太郎次郎社エディタス
.

書店員向け情報

在庫ステータス

在庫あり

取次情報

取次: ト|ニ|楽天|中|日教販|八木|子どもの文化
直接取引: あり(その他)

ヨルダン川西岸(3部作)[DVD]ライブラリー版 ヘブロン/ヨルダン渓谷/南ヘブロン
原書: The West Bank -Hebron,Jordan Valley,South Hebron

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
縦190mm 横136mm 厚さ26mm
重さ 165g
価格 30,000円+税
ISBN
978-4-8118-4101-4   COPY
ISBN 13
9784811841014   COPY
ISBN 10h
4-8118-4101-8   COPY
ISBN 10
4811841018   COPY
出版者記号
8118   COPY
 
Cコード
C0836
一般 磁性媒体など 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年10月28日
書店発売日
登録日
2020年10月15日
最終更新日
2020年12月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「オスロ合意」(1993年)で実現するはずだった「パレスチナ国家」建設の基盤は今、侵蝕され、実現の希望は閉ざされようとしている。
西岸最大の都市ヘブロンでは、街の中心部に住み着いたユダヤ人入植者たちの脅迫と暴行によってパレスチナ人住民の生活と生命が脅かされ、「自治」は有名無実化している。
ヨルダン川西岸の60%を占め、未だ “イスラエル占領下”にある「C地区」。この地域がパレスチナ側に戻らなければ、「パレスチナ国家」の実現はない。しかしそこではイスラエルによってパレスチナ人住民の土地や水資源が奪われる一方、入植地が増殖され、着実に“イスラエルへの併合”へ道をたどりつつある。とりわけ危機的な状況にあるのが、「ヨルダン渓谷」と「南ヘブロン」である。
ヘブロンや「C地区」で何が起こっているのか――長期にわたって現地取材を続けてきたジャーナリスト・土井敏邦が、西岸でパレスチナ人住民が土地や水資源を奪われ、様々な制限や圧力で土地から追われようとする “構造的な暴力”の実態と背景を報告する。

ライブラリー版許諾条項:個人館内視聴可 個人貸出可 団体貸出可 上映不可

目次

第1部「ヘブロン」
第1部(73分)/第2部(71分)
西岸最大の都市ヘブロン。パレスチナ人20万人が暮らすこの街の中心部に800人ほどのユダヤ人入植者が住み着き、彼らを守るため数百人のイスラエル兵と警察官が常駐する。街の中心で暮らすパレスチナ人の家屋は没収・買収され、そこは次々と入植地に変っていく。そのヘブロンの現状と共に、入植者やイスラエルの軍と警察による日常的な恐喝や暴行に怯えながらも、先祖代々の家と土地を死守しようとするパレスチナ人住民たちの闘いとその声を伝える。


第2部 「ヨルダン渓谷」
2007年4月(54分)
ヨルダン渓谷最大の農村に住み込み、住民の生活とその環境をつぶさに追う。また近隣のユダヤ人入植地の実態と、「生きるため」に入植地で働かざるをえない住民の“経済的な従属化”の現状と背景を描く。
2016年11月(58分)
イスラエルは、戦略上の重要性からヨルダン渓谷の“併合”をめざす。そのためにパレスチナ人住民の土地や水資源を収奪し、生活に不可欠なインフラ整備を阻止することによって、住民の“間接的な追放”を狙う。そのイスラエルによる土地や水資源の収奪の実態、被害住民の「オスロ合意」観、“土地”に対する思いを、証言によって報告する。


第3部 「南ヘブロン」
第1部(43分)/第2部(48分)
イスラエル政府によって「軍事制限区域」に指定されたパレスチナ人の15の村々。住民は村で暮らすことが「違法」とされ、イスラエルの軍や警察によるインフラ整備の妨害や家屋破壊、土地没収にさらされる。一方で、ユダヤ人入植地が次々と建設され、入植者による住民への恐喝・暴行が横行する。それらは、“「C地区」併合のための住民追放”というイスラエルの政策の一環であることを、2人のイスラエル人専門家が解説する。

前書きなど

撮影・編集・監督:土井 敏邦
画角:16:9&4:3
2019年/日本/DVD 3枚組 347分

著者プロフィール

土井 敏邦  (ドイ トシクニ)  (監督・撮影・編集

1953年佐賀県生まれ。ジャーナリスト。
1985年以来、パレスチナをはじめ各地を取材。1993年よりビデオ・ジャーナリストとしての活動も開始し、パレスチナやアジアに関するドキュメンタリーを制作、テレビ各局で放映される。2005年に『ファルージャ 2004年4月』、2009年には『届かぬ声―パレスチナ・占領と生きる人びと』全4部作を完成、その第4部『沈黙を破る』は劇場公開され、2009年度キネマ旬報ベスト・テンの文化映画部門で第1位、石橋湛山記念・早稲田ジャーナリズム大賞を受賞。次作となった『“私”を生きる』(2010年)は、2012年度キネマ旬報ベスト・テン文化映画部門で第2位。

東日本大震災後に制作された中編『飯舘村 第一章・故郷を追われる村人たち』(2012年)では「ゆふいん文化・記録映画祭・第5回松川賞」を受賞。また、2012年には、ビルマ(ミャンマー)から政治難民として日本に渡った青年を14年にわたって見つめた『異国に生きる 日本の中のビルマ人』で2013年度キネマ旬報文化映画第3位、文化庁映画賞文化記録映画優秀賞受賞。その他に『飯舘村 放射能帰村』(2013)、『ガザに生きる』全5部作(2014)など。著書は『アメリカのユダヤ人』、『沈黙を破る─元イスラエル軍将兵が語る“占領”─』(いずれも岩波書店)など多数。

関連リンク

土井敏邦公式サイト

上記内容は本書刊行時のものです。