版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
もの言う技術者たち 平野 恵嗣(著/文) - 太郎次郎社エディタス
.
詳細画像 0
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト|ニ|楽天|中|日教販   書店
八木|子どもの文化
直接取引: あり
返品の考え方: 常備期間中の場合をのぞき、返品はお受けいたします。了解書が必要でしたら、須田または尹の了解としてください。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

もの言う技術者たち (モノイウギジュツシャタチ) 「現代技術史研究会」の七十年 (ゲンダイギジュツシケンキュウカイノナナジュウネン)

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ18mm
重さ 287g
248ページ
並製
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-8118-0857-4   COPY
ISBN 13
9784811808574   COPY
ISBN 10h
4-8118-0857-6   COPY
ISBN 10
4811808576   COPY
出版者記号
8118   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年1月20日
書店発売日
登録日
2022年11月28日
最終更新日
2023年5月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

受賞情報

「日隅一雄・情報流通促進賞」奨励賞(2023年)

紹介

大量生産と大量消費につきすすんだ戦後。産業や国家からの要求にこたえ、効率化と「進歩」を追求する技術者は、
その負の側面も日々目撃することになる。続発する公害、人間の疎外と管理、経済格差の拡大⋯⋯。経済発展に沸く時代のなか、みずから手がける技術の功罪を問い、「人間のための技術」を論じあう場があった。
専門性や組織の壁を越え、思想の地下茎をつないだ「現代技術史研究会」の実像を、メンバーの歩みとともに語る。

目次

プロローグ 技術者として声をあげる

第1章 公害と対峙する
 現代技術史研究会の誕生──星野芳郎
 現技史研が本格始動
 水俣病を追う技術者──宇井純
 水俣病の真相に迫る
 「公害原論」から沖縄へ

第2章 真の技術のあり方を求めて
 九州で現技史研と出会う──佐伯康治
 花形となったプラスチック産業
 「公害は技術のゆがみの最大のもの」
 ネガティブ・フローシート
 大量生産・大量消費を批判
 「地味な勉強を」と入会──井上駿
 玄人と素人の距離を縮める議論
 農業試験場の実態を告発
 『日本の技術者』刊行
 金属材料の研究者として──井野博満
 「合理化の担い手」となる技術者
 「技術者の権利宣言」をめぐって
 鑑定書の欠陥を統計で暴く

第3章 技術を生かし、社会を支える
 「ラジオ少年」から技術者に──松原弘
 分業化が進む電算システム開発
 ドライバーたちの訴訟を技術で支援
 技術者をとりまく環境の変化
 技術者の仕事の変容
 「インドネシア仕様」のNGO活動家──田中直
 講義よりもラグビー
 石油会社で直面したコンピューター問題
 連続ゼミナールを市民と開く
 アジアで出会った資源再生産業
 会社員と同時にNGO活動家
 ヤシ繊維でつくった排水処理装置

第4章 「人間のための科学技術」をめざす
 思想性を大事に──猪平進
 IC研究で企業の実力を痛感
 現技史研の世代交代
 忠誠心で評価される技術者たち
 転職した大学にも淘汰の波が
 理工学部からジャーナリストに──天笠啓祐
 「超低空飛行」の雑誌とともに
 問いつづけた『技術と人間』
 携帯、スマホを拒絶
 技術の全体像と将来図をもちよって

第5章 原子力と向きあう
 震災、原発事故への思い
 母の足跡をなぞる──坂田雅子
 ベトナム帰還兵との暮らし
 枯葉剤を追って
 ふたたびベトナムへ
 核を追い、マーシャルからドイツへ
 憧れのエンジニアに──廣瀬峰夫
 現技史研に鍛えられる
 「ものづくり」の現場で考えつづける
 模型少年が技術者に──後藤政志
 事故をとおして技術を見る
 技術者としての転換期
 原発の技術者として
 原発銀座を歩く
 脱原発を求める僧侶と
 「小さな私たち」の「小さな一歩」

あとがき
「現代技術史研究会」関連資料
『技術史研究』創刊の辞/会則/年表

著者プロフィール

平野 恵嗣  (ヒラノ ケイジ)  (著/文

1962年、岩手県生まれ。86年に上智大学文学部英文学科を卒業、共同通信社に入社。水戸、釧路、札幌編集部を経て、国際局海外部、編集局国際情報室で勤務。おもな取材テーマはアイヌ民族、死刑制度、帝銀事件、永山則夫事件、「慰安婦」、LGBTQ、水俣病など。90年代半ば以降は英文記事で発信してきた。94~95年、米コロンビア大学ジャーナリズム・スクール研究員(モービル・フェロー)として、マイノリティ・グループの子どもの教育現場を取材した。著書に『水俣を伝えたジャーナリストたち』(岩波書店)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。