版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
フレーセーの花 ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル(作曲) - 道和書院
.

フレーセーの花 ペッテション=ベリエル ピアノ作品集

発行:道和書院
A4判
縦297mm 横210mm 厚さ5mm
64ページ
並製
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-8105-3500-6
Cコード
C0073
一般 単行本 音楽・舞踊
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年4月
書店発売日
登録日
2018年3月28日
最終更新日
2018年4月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

*日本-スウェーデン外交関係樹立150年記念出版
*ストックホルム・エステルマルム音楽アカデミーとの提携出版
*スウェーデン ペッテション=ベリエル協会会長のメッセージ

スウェーデンの作曲家ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル(1867-1942)のピアノのための作品集『フレーセーの花』。スウェーデンならではの自然の風景や季節の行事を音楽で描いた、しゃれた小品21曲が、全3冊に分けて出版されています。いちど聴いたら忘れられない魅力的な曲なので、「弾いてみたい」という人も多いのですが、日本ではこれまで輸入版しか入手できませんでした。
この楽譜では、21曲をハンディな1冊にまとめ、日本語による解説と運指をつけました。演奏に必要な技術は中級程度で、中学生から演奏可能です。
スウェーデンは福祉国家として、また独特の美しいインテリアやテキスタイルで有名ですが、音楽は、日本ではほとんど知られていません。国民的作曲家の一人と呼ばれるペッテション=ベリエルの代表作が日本でも演奏されるようになれば、スウェーデンの音楽文化への興味・関心を呼び起こす一助ともなるでしょう。

装画:沙羅(アトリエ灯)・デザイン:高木達樹

「フレーセーの花」を聴いてみたい方へ 参考CD
小川典子(pf)「ペッテション=ベリエル:フレセの花々(全曲)」
BIS-925

目次

日本の皆様へ(ペッテション=ベリエル協会会長 シーヴ・ウェンベリ)
指使いについて(小川典子)

第1集 8つのメロディ op.16 (1896)
1) 帰還
2) 夏の歌
3) ローンテニス
4) ばらに寄せて
5) お祝い
6) フレーセーの教会で
7) たそがれに
8) 挨拶

第2集 抒情曲集(6曲)(1900)
1) 太陽への挨拶
2) イェムトランド
3) はるか森の奥深く
4) 聖ラウレンティウスの祭り
5) 浜辺に寄せる波
6) 思い出

第3集 ユモレスクと牧歌(7曲)(1914)
1) 前奏曲
2) ソンマルハーゲンに入る
3) 夕映えの景色
4) 庶民のユーモア
5) 荒野の呼び声
6) ポプラの下で
7) 長い歳月のうちに

解説(加勢園子)+写真(ペッテション=ベリエル協会提供

前書きなど

 日本の皆様へ

 スウェーデンのヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル協会の会長として、ペッテション=ベリエルのピアノ作品集『フレーセーの花』(3巻全21曲)が日本で出版されることを、とても名誉なことと受け止めております。このことをペッテション=ベリエルがいかに幸せに思うか、私の中に彼の声が聞こえてくるようです。彼はこの典型的なスウェーデンの、そしてスカンジナビアの音を、音楽に対してオープンな心をもつすべての人々に、伝えたかったのです。
 北欧のメランコリックな気質は、年齢を問わず、世界中の人々に魅力的なものと思います。そしてこのピアノ曲集は、専門家やアマチュアを問わず、すべてのピアニストに深いレベルでスウェーデン民族の心を理解していただく、格好の作品となるのではないでしょうか。「フレーセーの花」という名前は、彼が愛してやまなかった、イェムトランドにあるフレーセー島のソンマルハーゲンに生育している、たくさんの美しい花々に由来しているのです。
 ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル協会の全員が、日本で楽譜が出版されるのを光栄なこととして喜び、心から感謝しております。この出版に際してご尽力を賜ったすべての方々、とりわけストックホルム・エステルマム音楽アカデミーと敬愛されるその院長・加勢園子氏に、感謝申し上げます。

ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル協会会長
王宮所属歌手
   シーヴ・ウェンベリ(Siv Wennberg)

著者プロフィール

ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル  (ヴィルヘルム ペッテション ベリエル)  (作曲

スウェーデンの作曲家、批評家。1867年生まれ、1942年没。1885年に王立音楽アカデミーに入学。のちドレスデン(ドイツ)に留学、エドムンド・クレッチマーに学ぶ。75歳で亡くなるまでに、4つのカンタータ、5つの交響曲、4つのオペラのほか、多数の合唱曲、歌曲、ピアノ作品を残した。

加勢 園子  (カセ ソノコ)  (解説

ピアニスト。日瑞音楽交流基金理事長、ストックホルム・エステルマルム音楽アカデミー院長。リスト音楽院に日本人として初めて留学、卒業後はスウェーデンを拠点に演奏・教育活動を展開。創立したエステルマルム音楽アカデミーは2018年に創立25周年を迎える。教則本『ピアノは歌う』は日本で全3巻が出版され(、そのスウェーデン版は2巻出版されている。スウェーデンのFMT音楽療法を紹介するDVDブックも出版。

小川 典子  (オガワ ノリコ)  (運指

ピアニスト。英国と日本を拠点に、世界各国への演奏旅行、国際コンクール審査、マスタークラスなど広範囲に活動。英ギルドホール音楽院教授、東京音楽大学特任教授、ミューザ川崎シンフォニーホールアドバイザー。文化庁芸術選奨文部大臣新人賞受賞。第10回浜松国際ピアノコンクール審査委員長。著書『夢はピアノとともに』、訳書『静けさの中から』(スーザン・トムズ著)。BISレーベルより多数のCDをリリースしており、ペッテション=ベリエルのこの曲集も全曲を録音している(BIS-925) www.norikoogawa.com

上記内容は本書刊行時のものです。