版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ノヴェール「舞踊とバレエについての手紙」(1760年) ジャン=ジョルジュ・ノヴェール(著/文) - 道和書院
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト|ニ|楽天|中|鍬谷|日教販   書店
大阪村上楽器|松沢
直接取引: なし
返品の考え方: 代表・片桐の了解済として、返品了解書をつけて各取次にお戻し下さい(採用品の複数冊返品を除く)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

ノヴェール「舞踊とバレエについての手紙」(1760年) (ノヴェール ブヨウトバレエニツイテノテガミ センナナヒャクロクジュウネン) 全訳と解説 (ゼンヤク ト カイセツ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:道和書院
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ17mm
296ページ
並製
定価 4,000円+税
ISBN
978-4-8105-3009-4   COPY
ISBN 13
9784810530094   COPY
ISBN 10h
4-8105-3009-4   COPY
ISBN 10
4810530094   COPY
出版者記号
8105   COPY
Cコード
C3073  
3:専門 0:単行本 73:音楽・舞踊
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2021年12月27日
最終更新日
2022年11月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

バレエの歴史を変えた舞踊理論家の主著、完全新訳。
ダンサー・振付家に必要な知識と、舞台作りの実践的な方法をまとめ、刊行後すぐに各国語に訳されて大きな反響を呼んだ書。
全訳に詳細な注、解説、年表、地図、索引等。

目次

はじめに(森立子)

参考図版

…………

ノヴェール「舞踊とバレエについての手紙」(1760年)全訳

第1の手紙[バレエの創作について]
第2の手紙[バレエの創作に際して守るべき諸規則]
第3の手紙[主要部分と付随的部分の配置について]
第4の手紙[主要部分と付随的部分の配置について(続き)]
第5の手紙[メートル・ド・バレエに必要な他の知識について]
第6の手紙[メートル・ド・バレエの勉強]
第7の手紙[初期のバレエの欠点]
第8の手紙[オペラにおけるバレエについて]
第9の手紙[顔の表現について。仮面の不都合]
第10の手紙[思考,および魂の動きと身振りとの調和について]
第11の手紙[ダンサーの体の構造について]
第12の手紙[ダンサーの体の構造について(続き)]
第13の手紙[舞踏記譜法について]
第14の手紙[著者のバレエについて]
第15の手紙[著者のバレエについて(続き)]

(訳者注)四角カッコのサブタイトルは、ノヴェール自身がのちに増補改訂版(1807年)で追加したもの。内容理解の手がかりとして補記した。

…………


解説(森立子)
1.ジャン=ジョルジュ・ノヴェール,その生涯
2.『舞踊とバレエについての手紙』の反響と複数の版
3.『舞踊とバレエについての手紙』の論点

年表
主要参考文献
あとがき
人名索引・事項索引

著者プロフィール

ジャン=ジョルジュ・ノヴェール  (ジャン ジョルジュ ノヴェール)  (著/文

ジャン=ジョルジュ・ノヴェール(Jean-Georges Noverre, 1727-1810)
バレエ史上最も重要な舞踊理論家のひとり。ダンサー・振付家としてヨーロッパ各地で活躍。ウィーンでは子供時代のマリ・アントワネットの舞踊教師を務め、のちにパリ・オペラ座のメートル・ド・バレエに抜擢される。リヨンとシュトゥットガルトで出版された本書『舞踊とバレエについての手紙』は、刊行後すぐに大きな反響を呼び、各国語に翻訳された。

森 立子  (モリ タツコ)  (著/文 | 編集

東京藝術大学音楽学部楽理科卒業、同大学院音楽研究科博士後期課程単位取得満期退学。博士(音楽学、東京藝術大学)。現在、日本女子体育大学ダンス学科教授。専門は西洋舞踊史、音楽史。主な著書・論文に、『バレエとダンスの歴史 欧米劇場舞踊史』(共著、平凡社、2012年)、「身体への視線:ノヴェールとダンサーの身体」(『日本女子体育大学紀要』第45号、2015年)、「ノヴェールにおける『アクシオン』の意味」(『舞踊學』第26号、2003年)他。主な訳書に、ジル・ド・ヴァン『イタリア・オペラ』(白水社、2005年)他。

上記内容は本書刊行時のものです。