版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
心理検査のフィードバック 藤田和弘(監修) - 図書文化社
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4

書店員向け情報 HELP

心理検査のフィードバック

教育
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:図書文化社
B5判
208ページ
定価 2,800円+税
ISBN
978-4-8100-0751-0   COPY
ISBN 13
9784810007510   COPY
ISBN 10h
4-8100-0751-0   COPY
ISBN 10
4810007510   COPY
出版者記号
8100   COPY
Cコード
C3037  
3:専門 0:単行本 37:教育
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2022年1月18日
最終更新日
2022年2月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

子どもと支援をつなぐ! 支援者がつながる!

知能検査等によるアセスメントの結果を,子どもの学校や日常の生活とつなげて,さらに役立つ情報とするための「報告書」と「面接」のあり方。

子どもと保護者,それぞれを対象にしたフィードバック面接のあり方と,幼児から大学生までに行った実際のフィードバックの事例を紹介。
報告書作成に役立つ「専門用語の解説ページ」は検査の入門ガイドにも!

目次

■序 章■ 保護者・教員等は検査結果に何を期待しているのか
1 保護者が検査に期待することとは
2 教員(学校)が検査に期待することとは
COLUMN1 私たちが検査に求めるもの ~保護者の立場から~

■第Ⅰ部■ 基礎知識編
第1章 フィードバックの定義と倫理
1 本書におけるフィードバックの定義
2 検査者の役割と倫理

第2章 フィードバックの基礎知識
1 「検査結果のフィードバック」二つの柱
2 保護者・教員等を対象とした検査結果報告書と面接の基礎
3 子ども(本人)を対象とした検査結果報告書と面接の基礎
4 フィードバック面接の手順リスト

第3章 フィードバックとチーム支援
1 子どもの支援とコンサルテーションの基礎
2 コンサルテーションの機能とは
3 チーム支援への貢献と支援ニーズ

第4章 フィードバックの変遷と海外動向
1 フィードバックに関する歴史と海外動向
2 フィードバックの変遷
COLUMN2 私がフィードバックを研究するようになった理由
COLUMN3 検査者が陥りがちな過剰な配慮

■第Ⅱ部■ 実践編 
第5章 検査前の相談(インテーク)と情報共有
1 保護者への説明と同意
2 子どもへの説明と同意
3 検査実施および情報共有に関する承諾書
COLUMN4 受検者家族,そして検査者として感じたフィードバックの影響力
COLUMN5 日常の中では意外と気づきにくい親子で異なる認知処理のタイプ

第6章 フィードバックの報告書と面接の基本
1 保護者・教員等を対象とした報告書と面接
2 子ども(本人)を対象とした報告書と面接

第7章 フィードバックの実際
1 漢字の書きが苦手な小学校4年生へのフィードバック
2 小学校時,不登校傾向にあった中学生へのフィードバック
3 触法行為があった高校生への「説明レター」を用いたフィードバック
4 特別支援学校に在籍する生徒への就労に向けた支援とフィードバック
5 子育てサポートとして行う保護者向けフィードバック
6 幼児を対象としたフィードバック面接(共同作業形式)
7 フィードバックを生かしたチーム支援
8 発達障害が疑われる大学生の自己理解を促進するフィードバック
COLUMN6 私たちが検査に求めるもの ~経営者の立場から~

■第Ⅲ部■ 用語集
第8章 説明のための用語集
 本書で取り上げる用語とページ構成
 一般的な検査の用語
 WISC - Ⅳのおもな用語
 CHC 理論のおもな用語
 KABC-Ⅱのおもな用語
COLUMN7 知能に関して保護者に伝えるとき
COLUMN8 ICT 機器を活用した支援とフィードバック
COLUMN9 「田中ビネー知能検査Ⅴ」の特徴と検査からわかること

■巻末資料■
1 フィードバックに関する研修プログラム
2 フィードバックQ&A
COLUMN10 不測の事態にできるサポートとは

上記内容は本書刊行時のものです。